カザフスタンの国旗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カザフスタンの国旗
カザフスタンの旗
用途及び属性 市民・政府・軍隊陸上、市民海上?
縦横比 1:2
制定日 1992年6月4日
使用色
テンプレートを表示

カザフスタン国旗1991年ソ連解体後、カザフスタン共和国として独立した際に制定された。地は、中央の金色(実際の旗には黄色が用いられるが、法律上は金色と規定されている[1])は32本の光を擁する太陽と翼を広げて飛ぶ(ステップ・イーグル)を示す。左端にはカザフ人の伝統的な文様が縦に配置されるが、これは鷲の翼と雄羊をモチーフにしたものである。青地はまた、この地域のテュルク系諸民族を示し、彼らの間では青地は宗教上特別な意味である神の存在を象徴するが、現在ではカザフスタンの広い空と自由を象徴している。

中央の鷲は、当時も青地に鷲の旗のもとこの地方を支配したチンギス・ハーンの帝国を示し、カザフスタンの人々の誇りを表している。

関連項目[編集]

  1. ^ http://vexillographia.ru/kazakhst/texts/2007_simvoly.pdf