キプロスの国旗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キプロスの国旗
キプロスの旗
用途及び属性 市民・政府・軍隊陸上、市民・政府・軍隊海上?
縦横比 3:5
制定日 1960年8月16日
(現行の旗は2006年8月20日より)
使用色
テンプレートを表示

キプロス国旗1960年8月16日に採用され、2006年に細部のデザインが変更された。

国土のキプロス島の形が黄色でデザインされている。この黄色は、キプロス特産の銅(主に黄銅)を表し、下の葉は、ギリシャトルコを表す二本のオリーブの枝であり、民族の平和を表す。

キプロスは常にギリシャ系トルコ系の紛争が絶えないこともあり、ギリシャ国旗の青とトルコ国旗の赤は意図的に避けられた。1974年キプロス紛争以降同国はEUに加盟し、かつ国際的に国家承認されているキプロス共和国と、トルコのみが承認している北キプロス・トルコ共和国に分断されているが、この国旗はギリシャ系住民の多いキプロス共和国のものである。

なお、民間においてこの国旗が用いられる事は少なく、ギリシャ系住民はギリシャの国旗を、トルコ系住民はトルコの国旗を用いる事が多い。

関連項目[編集]