アゼルバイジャンの国旗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アゼルバイジャンの国旗
アゼルバイジャンの旗
用途及び属性 市民・政府・軍隊陸上、市民・政府・軍隊海上?
縦横比 1:2
制定日 1991年2月5日
使用色
テンプレートを表示
構成図

アゼルバイジャン国旗は、(上から)の横三色、赤部分の中央に三日月と八角星を配した旗。八角星の八本の光は8グループのテュルク系民族を象徴している。はテュルク人の色、イスラム教の色、は進歩を示す。この旗はロシア革命後に一時期存在したアゼルバイジャン民主共和国の国旗として、アゼルバイジャンがソ連に併合される前にも使用されていたものであり、1991年にアゼルバイジャン共和国がソ連から独立する際に再び国旗として採用されたものである。

三日月と星の組み合わせは、オスマン帝国国旗にも使われたシンボルで、トルコウズベキスタントルクメニスタンなどのテュルク人の国家や、マレーシアパキスタンなどイスラム国家の国旗によく使われるオスマン/イスラム系のシンボルである。

その他の旗[編集]

関連項目[編集]