パントン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
色見本帳(ソリッド・マット・フォーミュラ・ガイド 2005年版)

パントンPantone)はアメリカ合衆国ニュージャージー州に本社がある企業

2007年に測色機器メーカーのエックスライト(X-Rite)が1億8000万ドルで買収し、傘下企業となった。

沿革[編集]

  • 1962年 パントンは、化粧品メーカーに色見本帳を印刷する会社を母体に創業。
  • 1963年 印刷会社用に「パントン・マッチング・システム」を発売した。
  • 1974年 コンピューター用の「パントン・カラー・データ・システム」を発表した。
  • 1985年 パントン・カラー研究所(Pantone Color Institute)を設立。
  • 2005年 パントン・ユニバース・シリーズを展開。
  • 2006年 パントン・ジャパンを設立。[1]
  • 2007年2月 日本においてソフトバンクと提携してPANTONE ケータイを販売。
  • 2007年8月28日 測色機器メーカーのエックスライト社(X-Rite)に買収された。[2]
  • 2010年5月21日「パントン・マッチング・システム」色見本帳を「パントン・プラス・シリース(THE PANTONE PLUS SERIES)」として全面改訂。[3]

パントン・マッチング・システム[編集]

世界で使用されている色見本帳のひとつで、日本では通称「パントン」または「パントーン」とも呼ばれ、DICと同様にグラフィックデザイン、印刷、マルチメディア、Web、プロダクトデザインの制作・製造工程においての色指定に使用されている。中華人民共和国では、グラフィックデザインや印刷、テキスタイル、プラスチックなどの業界でデファクトスタンダードである。

PANTONE UNIVERSE[編集]

「PANTONE UNIVERSE」はパントンがプロデュースを行い、展開する生活雑貨のブランドである。パントンの色見本帳をテーマとした文具、電気製品、バッグ、医療用白衣等の製品を展開している。

PANTONE(R) ケータイ[編集]

日本の携帯電話会社ソフトバンクモバイルでは、パントンとのコラボレーションによる携帯電話機が発売された。多色展開を特徴とし、そのカラーバリエーションは最大25色に及んだ。

  • SoftBank 812SH「PANTONEケータイ」2007年2月発売、20色展開に4色追加。
  • SoftBank 825SH「PANTONE SLIDE」2008年7月発売、8色展開。
  • SoftBank 830SH「NEW PANTONE」2008年10月発売、15色展開。
  • SoftBank 001SH「PANTONE 3」2010年11月発売、10色展開。→本端末をベースにPHSにリモデルした、WX01SH「PANTONE」が、ウィルコムより2012年8月3日に発売。カラーリングも001SHの中から7色ピックアップして共通のものを採用したが、ウィルコムのサービスに併せて、ボタンのマークや細かい操作性などに変更点が見られる。また、ワンセグFeliCaは非対応。
  • SoftBank 105SH「PANTONE 4」2012年3月発売、8色展開。ソフトバンクモバイルのスマートフォン・デジタルフォトフレーム以外では初めて緊急速報メールに対応。
  • SoftBank 107SH「PANTONE 5」2012年7月発売、8色展開。 初のAndroid搭載モデルである。
  • SoftBank 200SH「PANTONE 6」2012年12月発売、Android搭載モデル第2弾。PANTONEシリーズ史上最多となる25色展開。
  • SoftBank 202SH/202SH for Biz「PANTONE WATERPROOF」 2013年1月下旬発売予定、8色展開[4]。 PANTONEシリーズのフィーチャーフォンでは初となる防水・防塵性能を備えている。
  • WX03SH - 2013年4月発売、6色展開。ウィルコムブランドとしては第2弾となるモデルである。

ザ・パントン・ホテル・ブリュッセル[編集]

「ザ・パントン・ホテル・ブリュッセル(The Pantone Hotel Brussels)」はベルギーブリュッセル、サン・ジル地区に2010年(平成22年)にオープンしたホテルである。 Michel PennemanとOlivier Hannaertによる設計で、外観・内装ともに白色をベースとし、パントンの世界観を表現する鮮やかな色を随所に散りばめている。客室は「Large」「Extra Large」の2タイプが用意されている他、会議室も用意される。 また、アメニティとしてPANTONE UNIVERSE製品を試用することができる「Test Drive」サービスが提供されている。

脚注[編集]

  1. ^ パントンについて - 沿革”. Pantone LLC. 2013年8月6日閲覧。
  2. ^ パントン社、X-Rite社と合併(パントン プレスリリース)2008年12月23日閲覧
  3. ^ パントンマッチングシステム色見本帳全面改訂 および新版パントン・プラス・シリーズ発売のご案内”. 株式会社ユナイテッド・カラー・システムズ. 2013年8月6日閲覧。
  4. ^ 202SH for Bizは2色のみ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]