サウジアラビアの国旗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サウジアラビアの国旗
サウジアラビアの旗
用途及び属性 市民・政府・軍隊陸上、政府海上?旗竿を右側とする旗表面と違う裏面がある旗Flag can be hung vertically by rotating the design first
縦横比 2:3
制定日 1973年3月15日
使用色

サウジアラビア国旗は緑地に、聖句と剣を描いたデザイン。聖句が用いられているため、半旗掲揚をしないことなどが特徴的である。

概要[編集]

国旗のデザインは、サウジアラビアの基本統治法(サウジアラビアの事実上の憲法)第3条に規定があり、イスラム教を表す緑の地に、「アッラーフ(アラー、神)の他に神はなし。ムハンマドはアッラーフの使徒である(アラビア語:لا إله إلا الله محمد رسول الله)」というシャハーダ(信仰告白)をデザイン化した文字と、メッカおよびイブン=サウードの勝利を表している国宝ラハイヤン」をで描いたもの。

シャハーダはイスラームにおける五行の一つであり、ムスリムとなるときに行う義務である。シャハーダの言葉は、イスラームの世界で神聖視されており、この国旗をTシャツやその他の物にプリントすることも禁じられている。

この国旗は基本的に旗竿側が右になるように掲揚することとされ、縦に掲揚する場合は文字が横向きにならないようにレイアウトを変更した特別な旗を使用する。また神の神聖な文字が含まれているので、弔意を表す半旗掲揚にしないこととされている。その他、剣の向きは表裏で反転するものの、シャハーダは旗のどちら側からでも右から左へ読めるよう、表側と裏側は別々に作られている。

歴史[編集]

緑の地に白いシャハーダという組み合わせは18世紀ワッハーブ派改革運動に由来する。現在のサウジアラビア王家となるサウード家はこの運動で勢力を拡大した。アブドゥルアズィーズ・イブン=サウード1902年ナジュドの王となると、この旗に白い剣を追加した。サウジアラビアの国旗の意匠は1973年3月15日まで標準化されず、剣が二つある意匠のものや、左側に白い縦線の入ったものが1938年頃まで頻繁に使用された。1938年頃以降、国旗は現在の意匠にほぼ統一されている。

サウジアラビア成立以前[編集]

サウジアラビアのもととなった国はナジュド王国およびヒジャーズ王国である。ナジュドの旗は今日のサウジの緑地に白字の旗とよく似ている。ヒジャズの旗は第一次世界大戦アラブ反乱の際にハーシム家が使用した反乱旗と似たパターンで、今日の汎アラブ色と類似する。

関連項目[編集]