アスタナ・チーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アスタナ・チーム
en:file:Astana (cycling team) logo.svg
チーム情報
UCIコード AST
本拠地 カザフスタンの旗 カザフスタン
創設年 2007年
種目 ロードレース
格付け UCIプロチーム
自転車 スペシャライズド
首脳陣
代表者 アレクサンドル・ヴィノクロフ
Team colours Team colours Team colours
Team colours
 
ユニフォーム

アスタナ・チーム (ASTANA Cycling Team) は国際自転車競技連合 (UCI) の主催するUCIプロツアーに参加する自転車ロードレースのプロツアーチームである。

チーム発足の背景[編集]

2006年5月、ロードレース界を震撼させたドーピング疑惑事件、通称オペラシオン・プエルトの結果、ロードレースチームであるリバティー・セグロス(スペイン)の監督と医師が薬物違反容疑で逮捕された。この影響でリバティー・セグロスのメインスポンサーが撤退してチームの存続が危ぶまれたが、チームのエースであったアレクサンドル・ヴィノクロフがカザフスタン人であった縁で、さらに当時のカザフスタン首相ダニヤル・アフメトフ(現国防相)がカザフスタン自転車連盟の総裁も努めていたこともあって、カザフスタン政府が新たにメインスポンサーとなり(実際にはカザフスタンの複数企業が出資)、リバティー・セグロスは新たなチーム名にカザフスタンの首都である「アスタナ」の名を冠した「アスタナ・ウルト」としてこの年のUCIプロツアーに参加した(ヴィノクロフはアスタナ・ウルトで同年のブエルタ・ア・エスパーニャを制している)。チームカラーはカザフスタンの国旗に用いられているものと同じ青色である。

チームの歴史[編集]

アスタナ・ウルトからアスタナサイクリングチームへ[編集]

前身となったチーム「リバティー・セグロス」の保有権を持っていた人物(チームの監督)が逮捕された為、アスタナ・ウルトチームに与えられたUCIプロツアーライセンスは2006年限りで剥奪される見通しとなった。この為、自国の英雄であるヴィノクロフをサポートする為、カザフスタン政府はスイスを本拠地とする新チーム「アスタナ」を設立し、2007年よりUCIプロツアーに新規参入を果たした。これが「チーム・アスタナ」の公式の出発点である。この頃までにカザフスタンは資源大国として潤沢な国内資金を持っていたため、UCIプロチーム設立資金の調達はさほど難しいことではなかった。

新チームには、ヴィノクロフをはじめとするアスタナ・ウルトの一部の選手が移籍した。

再度のドーピング禍[編集]

アスタナは2007年のUCIプロツアーでも上位を伺う有力チームの一つに数えられていたが、同年のツール・ド・フランス中にヴィノクロフ本人に血液ドーピング疑惑が発生し、ツール・ド・フランスからチーム全体が撤退。さらに主力選手の一人であるアンドレイ・カシェチキンにもレース外抜き打ちドーピング検査で陽性反応が認められたことなどを受け、以後のUCIプロツアーへの参加を自粛する事態となった。

これにともない選手への夏以降の給与未払いなども生じていたが、チームは2008年シーズンも運営母体を大幅に変更した上での活動継続を決定。チームの拠点をルクセンブルクに移した上で、チームディスカバリーチャンネル(2007年シーズンをもって解散)からアルベルト・コンタドールリーヴァイ・ライプハイマー、監督のヨハン・ブリュイネールをはじめ多数の有力選手やスタッフを受け入れた。また、チーム内に厳しいドーピングコントロールの機構を設けた。

ツール・ド・フランスからの排除とジロ・デ・イタリア制覇[編集]

コンタドール、ライプハイマーら有力選手を獲得して2008年に臨んだアスタナであったが、ツール・ド・フランス主催者のASOは前年のドーピング事件を理由にツール・ド・フランスを始めとした自らの主催レースからアスタナサイクリングチームの排除を決定。ディフェンディングチャンピオンであるコンタドールはツール・ド・フランス欠場を余儀なくされた。また、ジロ・デ・イタリアの主催者RCSスポルトも同様の方針を取ったため、春先のクラシックレースを始めとしたビッグレースのいくつかに出場できないという事態となり、グランツールも出場可能なのはブエルタ・ア・エスパーニャのみと思われていた。しかし、4月に入りバスク一周でコンタドール、ツール・ド・ロマンディアンドレアス・クレーデンが総合優勝するなど、UCIによって出場の認められていたUCIプロツアーのレースで活躍すると、4月末にはジロ・デ・イタリアへの出場が急遽決定。コンタドールは事前の調整不足を囁かれていたが、いざレースが始まると尻上がりに調子を上げ、リカルド・リッコダニーロ・ディルーカとの死闘を制してジロ・デ・イタリア総合優勝を成し遂げた。

コンタドールのグランツール全制覇とアームストロングの加入[編集]

チームは2008年のブエルタ・ア・エスパーニャに満を持して強力な陣容で挑み、中盤以降はコンタドールとライプハイマーが総合の1位と2位をがっちりと抑える展開となった。そのままレースは20ステージの個人タイムトライアルになだれ込み、コンタドールとライプハイマーがチーム内で総合優勝を巡って真剣勝負を繰り広げるという珍事が発生。しかしコンタドールは総合首位を守り切り、見事にジロ・デ・イタリアとブエルタ・ア・エスパーニャのダブルツールを成し遂げた。またコンタドールは前年のツール・ド・フランス制覇と合わせ、14ヶ月の間に三大ツールを勝つという大記録を打ち立てることとなった。

一方、このブエルタ・ア・エスパーニャ開催中にはランス・アームストロングが現役復帰を表明。かつてアームストロングが所属してツール・ド・フランス7連覇を達成したUSポスタルサービス・チーム及びチーム・ディスカバリーチャンネルの流れをくむ[1]チーム・アスタナへの加入が噂された後、9月25日にチーム・アスタナから正式にアームストロングの加入が発表された[2]

チーム存続の危機[編集]

2009年ジロ・デ・イタリア開催中にチームジャージから多数のスポンサー名が消えた(実際はごく薄くプリントされていた)。潤沢と思われた資金も、世界的な不況の煽りを受けてカザフスタンの幾つかのスポンサー企業からの支払いが滞り(スポンサー企業における従業員に対する給与支払いも出来ていなかったという)、5月31日までに選手の給与の保証金がUCIに支払われなければチームはプロツアーチームのライセンスを取り消されることになる事態が発生した。

結果的には、6月初めにまでもつれ込んだ支払期限までに保証金が支払われ、チームはひとまず存続の危機を乗り越えた。6月9日、出場中のドーフィネ・リベレ第3ステージでジャージにはスポンサー名が復活した。(ただし、6月3日から行われたツール・ド・ルクセンブルクには当初からスポンサー名の入ったジャージで出場していた。)

ツール・ド・フランス制覇とヴィノクロフの復帰表明[編集]

2009年のツール・ド・フランスには、コンタドール、アームストロングの他、クレーデンやライプハイマーといった強力な布陣を要して出場。第4ステージのチーム・タイムトライアルを制した他、コンタドールは総合優勝、アームストロングは総合3位に入る大活躍を見せた。

しかし、ツール・ド・フランス直前にヴィノクロフがアスタナでの現役復帰を記者会見で表明したことを受け、ブリュイネールは今シーズン限りでの辞任を表明。アームストロングはラジオシャックをメインスポンサーとする新チームの発足を発表し[3]、コンタドールはF1ドライバーフェルナンド・アロンソの作る新チームへ移籍する[4]、という内容の報道が流れるなど、まだ安泰とは言えない資金問題とともに、チームの将来は不透明なものとなった。

プロツアーライセンス消失の危機[編集]

アームストロングがチーム・レディオシャックを立ち上げると、監督のブリュイネール他ほとんどのメンバーが追随し移籍を発表するか、移籍が濃厚となった。残るのは以前のエースであるヴィノクロフ、そしてヴィノクロフとの二頭体制を嫌って自身もチームを離れたかったが、契約期間の関係で移籍が困難なコンタドール、他少々のアシスト陣のみという形になった。

このよう状況や、期日までに必要な書類が提出されなかったことを受け、UCIは2009年10月20日にライセンス更新を保留する事を発表。もしライセンスが更新されないとなると契約の都合上コンタドールも移籍可能となり[5]、ヴィノクロフ以外にエース格の選手が居ないチームとなる。こうした中、パオロ・ティラロンゴダビ・デ・ラ・フエンテのアスタナへの移籍が報じられた。

11月26日、何度も保留が続いていたが、やっとUCIによるライセンス申請許可が発表されコンタドールの残留も確定。新たにオスカル・ペレイロの移籍も確定した。

2010年[編集]

ジロ・デ・イタリアにはヴィノクロフをエースとして出場。落車の頻発した序盤においてエースを落車から守り、横風区間でペースを上げてライバルを苦しめるなど、チームとして協調した走りを見せ、ヴィノクロフはレース前半においてマリア・ローザを着用した。

ツール・ド・フランスにはコンタドールをエースとして出場。ヴィノクロフはアシストをこなしつつステージ優勝をあげ、山岳ステージではアシスト陣が集団をコントロール。当初不安視されたチーム力不足やヴィノクロフとコンタドールの確執による混乱は杞憂に終わり、コンタドールは総合優勝を果たした。

ツール・ド・フランス終了後、コンタドールが来シーズンにビャルヌ・リースが監督として指揮するチームへ移籍することが報じられた。

使用機材[編集]

アスタナ・ウルト時代の2006年はBH、2007年はBMCのフレームにカンパニョーロのコンポーネントを組み合わせて使用した。2008年はトレック社の最高級レース用フレーム「マドン」にボントレガーのホイールとSRAM社のコンポーネント「レッド」を使用している。

2010年シーズンはチームのエースであるアルベルト・コンタドールが個人的にスペシャライズドと契約を結んでいるため、それに従いスペシャライズドのTarmacSL3となり、ホイールはZIPP、コンポーネントは引き続きSRAM社の「レッド」を使用し、SRMパワーメーターに接続されたスペシャライズドFACTカーボンクランクセットが装備される。ハンドルバーとシートポストはFSA、サドルはセライタリアを使用している

2012年陣容[編集]

2012年1月25日更新[6]
選手名 国籍 生年月日 前年所属チーム
アッサン・バザイエフ カザフスタンの旗 カザフスタン 1981年2月22日
ボルト・ボジッチ スロベニアの旗 スロベニア 1980年8月8日 ヴァカンソレイユ・DCM
ヤネス・ブライコヴィッチ スロベニアの旗 スロベニア 1983年12月18日 チーム・レディオシャック
アレクサンドル・ディアチェンコ カザフスタンの旗 カザフスタン 1983年10月17日
ドミトリー・フォフォノフ カザフスタンの旗 カザフスタン 1976年8月15日
エンリコ・ガスパロット イタリアの旗 イタリア 1982年3月22日
フランチェスコ・ガヴァッツィ イタリアの旗 イタリア 1984年8月1日 ランプレ・ISD
アンドリー・グリフコ ウクライナの旗 ウクライナ 1983年8月7日
ジャコポ・グアルニエリ イタリアの旗 イタリア 1987年8月14日 リクイガス・キャノンデール
ドミトリー・グルズデフ カザフスタンの旗 カザフスタン 1986年3月13日 トレーニーより昇格
ヴァレンティン・イグリンスキー カザフスタンの旗 カザフスタン 1984年5月12日
マキシム・イグリンスキー カザフスタンの旗 カザフスタン 1981年4月18日
タネル・カンゲルト エストニアの旗 エストニア 1987年3月11日
アンドレイ・カシェチキン カザフスタンの旗 カザフスタン 1980年3月21日
フレドリック・ケシアコフ スウェーデンの旗 スウェーデン 1980年5月17日
ロベルト・キセルロヴスキ クロアチアの旗 クロアチア 1986年8月9日
ロマン・クロイツィガー チェコの旗 チェコ 1986年5月6日
フランチェスコ・マシャレッリ イタリアの旗 イタリア 1986年5月5日
エヴゲニー・ネポムニャチュシー カザフスタンの旗 カザフスタン 1987年3月12日
エヴゲニー・ペトロフ ロシアの旗 ロシア 1978年5月25日
セルゲイ・レネフ カザフスタンの旗 カザフスタン 1985年2月3日
ケヴィン・セールドラーイエルス ベルギーの旗 ベルギー 1986年9月12日 クイックステップ
エゴル・シリン ロシアの旗 ロシア 1988年6月25日 チーム・カチューシャ
パオロ・ティラロンゴ イタリアの旗 イタリア 1977年7月8日
アレクサンドル・ヴィノクロフ カザフスタンの旗 カザフスタン 1973年9月16日
アンドレイ・ゼイツ カザフスタンの旗 カザフスタン 1986年12月14日
2012年動向[7]

チーム変遷[編集]

  • 1989年-1998年 オンセ
  • 1999年-2000年 オンセ・ドイチェバンク
  • 2001年-2003年 オンセ・エロスキ
  • 2004年 リバティー・セグロス
  • 2005年-2006年 リバティー・セグロス・ウルト
  • 2006年 ウルト・チーム
  • 2006年 アスタナ・ウルト・チーム
  • 2007年-2008年 アスタナ・チーム

※2006年以前と2007年以降は別組織(アスタナ・ウルトは2006年シーズン終了後に名義上解散)。

歴代陣容[編集]

[編集]

  1. ^ チーム・アスタナのゼネラルマネージャーであるヨハン・ブリュイネールはUSポスタル及びディスカバリーの監督としてアームストロングの7連覇を支えた人物である。
  2. ^ PRESS RELEASE: seven-time tour de france champion joins astana cycling team
  3. ^ CYCLINGTIME.com : アームストロングが2010年に新チーム「チームレディオシャック」を発足!!
  4. ^ CYCLINGTIME.com : コンタドールに新チーム?
  5. ^ 契約条件には「プロツアーチームであること」が明記されており、仮にコンチネンタルプロチームに落ちた場合はこの条件に引っかかるため契約終了となり、移籍可能になる。
  6. ^ Astana Pro Team 2012(英語)
  7. ^ The Cyclingnews guide to rider transfers 2011-2012 cyclingnews.com 2011年11月18日付記事(英語)
  8. ^ [1] アスタナ公式サイト・ニュースページ 2011年9月30日付記事(英語)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]