ルイス・レオン・サンチェス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルイス・レオン・サンチェス
Luis León Sánchez
Cycling (road) pictogram.svg
Luis Leon Sanchez 3.jpg
個人情報
本名 Luis León Sánchez Gil
ルイス・レオーン・サーンチェス・ヒル
生年月日 1983年11月24日(31歳)
国籍 スペインの旗 スペイン
身長 187cm
体重 74kg
チーム情報
所属 ブランコ・プロサイクリング・チーム
分野 ロードレース
役割 選手
特徴 オールラウンダー
パンチャー
ダウンヒルスペシャリスト
プロ所属チーム
2004–2006
2007–2010
2011
リベルティ・セグロス
ケース・デパーニュ
ラボバンク
主要レース勝利
パリ〜ニース (2009)
クラシカ・サンセバスティアン 2010、2012
ツアー・ダウンアンダー (2005)
シルキュイ・ド・ラ・サルト 2010
ツール・メディテラネアン 2009
スペインの旗 スペイン選手権・ITT (2008.2010-2012)
ツール・ド・フランス 区間通算4勝
最終更新日
2012年8月17日

ルイス・レオン・サンチェス(Luis León Sánchez、1983年11月24日 - )は、スペインムルシア州・ムラ出身の自転車競技選手。

海外の自転車関連Web・雑誌や、J SPORTSの実況では、同じスペイン出身でサンチェス姓を持つサムエル・サンチェスとの混同を防ぐためLLサンチェス(エルエルサンチェス)と表記、呼称されている。

実弟のペドロ・レオンヘタフェCFに所属するサッカー選手である。

経歴[編集]

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

特徴[編集]

ツール・ド・フランス2009の第18ステージ個人TTにてトップから44秒遅れの7位に入る一方、1級2つ、2級1つが組み込まれた山岳ステージであった第8ステージにてゴールスプリント勝負を制するなど、アルベルト・コンタドール同様のハイレベルでバランスさせているオールラウンダーとして認められている。

一方、サンチェスがサンチェスらしい走りを見せるのは山岳の下り側である。下りを利用してアタックをかけ、逃げ集団に追いつくというレース展開が数多く見られ、2008年ツールでの濡れた路面での危険な下りで単独アタックを成功させての優勝を果たし、クラシカ・サンセバスティアン2009でもこの方法で先頭集団に追いつくという見せ場を作っている。

脚注[編集]

  1. ^ 【速報】ブランコプロがフエンテス事件への関与でL・サンチェスの調査を開始 - サイクルスポーツ.jp 2013年2月2日付

外部リンク[編集]