アモリ・スポル・オルガニザシオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アモリ・スポル・オルガニザシオン:Amaury Sport Organisation)は、フランススポーツメディアグループ(スポーツ・メディア・コングロマリット)の名称。英語読みである「アモリー・スポーツ・オーガニゼーション」とも呼ばれる。

一般にはAmaury Sport Organisationの頭文字から取られた略称である、ASOという名称で呼ばれており、本章でも以下、ASOを使用する。

概要[編集]

ツール・ド・フランスの主催者として世界的に有名である他、ダカール・ラリーの主催者としても知られる。

ツール・ド・フランスを創設した新聞社、レキップ(L'Équipe。現在はEPAグループに属する)よりツール・ド・フランス及びグランド・ブークルの主催権を、ル・パリジャン(Le Parisien)の編集者であったフィリップ・アモリによって設立されたメディアグループ、エディシオン・フィリップ・アモリ(Éditions Philippe Amaury。略称EPA)に譲渡されたことに起因して1992年9月に設立された。当初は自転車競技ロードレースだけを対象としていたが、現在は上記のダカール・ラリーの他、パリマラソン(マラトン・ド・パリ)やゴルフのフランスオープン(オープン・ド・フランス)の主催も手がけている。

UCIとの確執[編集]

UCIプロツアー離脱[編集]

2005年国際自転車競技連合(UCI)は、新たなロードレースの年間シリーズ戦、UCIプロツアーを制定したが、事実上ツール・ド・フランスの主催権まで掌握しようとしたことから、制定初年度よりASOを含むスポーツメディアグループと対立した。

UCIプロツアーが制定された当初2年間は、UCIプロツアーの出場ライセンスを付与された自転車チームしかツール・ド・フランスを含めたUCIプロツアー対象レースの出場権が与えられなかったが、2007年パリ〜ニース開催直前、ASOが当時、プロツアーのライセンスチームであったユニベット・ドット・コムを招待しないことを表明したことから対立が一層深まった。結局このときはUCIが折れて開催が行われた他、自身が主催するツール・ド・フランスについても、ワイルドカード枠としてプロツアー対象外チームの招待を可能とさせた。またASOは、ツール・ド・フランス以外の自身が主催するプロツアー対象レース(下記参照)も2007年限りで撤退した。この動きに、ジロ・デ・イタリアの主催者であるRCS、ブエルタ・ア・エスパーニャの主催者であるウニプブリックも同調。2008年のUCIプロツアー対象レースは、2007年と比較して10も減少(2008年に新たに追加した対象レースを除けば12レース減少)する事態となった。

譲れないツール・ド・フランス主導権[編集]

ASOを含めたグランツール主催者グループの相次ぐプロツアーレース離脱に対しUCIは、ツール・ド・フランスについては特別扱いし、北京オリンピック世界自転車選手権と並んで、UCIワールドツアーを新たに設ける代わりに、ジロ・デ・イタリア、ブエルタ・ア・エスパーニャを含めたプロツアー離脱レースについては、UCIプロツアーの下部組織にあたるUCIヨーロッパツアーに組み込んだ。しかし、UCIのこの制定に対して、グランツール主催者グループが猛反発。逆に主催者グループ側はプロツアーに代わる新制度を画策したが、UCIに取り合ってもらえなかった。しかし後述するツール・ド・フランスやパリ〜ニース問題により、主催者グループ側から上述の制度制定は反故にされてしまう。

事態収拾を図るべく、2008年シクロクロス世界選手権の開催中(1月26日、27日)にUCIとASO、RCS、ウニプブリックの主催者グループが会談。この会談において、主催者グループ側が改めて新制度を提案。UCIも大意では合意したとみられた。しかし、UCIが2008年のツール・ド・フランスについては、プロツアー全18チームを参加させることを条件につけた。

このUCIの条件は、ASOにとってツール・ド・フランスの主導権をUCIに奪われることを意味することから、到底同意できるものではなかった。さらにASOはUCIに対して見せしめともいうべき手段に出て、2007年ツール・ド・フランス総合優勝のアルベルト・コンタドール、同総合3位のリーヴァイ・ライプハイマー、2006年のツール・ド・フランス総合2位のアンドレアス・クレーデンらが所属するアスタナに対し、2006年、2007年のツール・ド・フランスにおける「ドーピング事件」が発生したことから、このようなチームを自身が主催するレースに招待するわけにはいかないとして、2月13日、正式にアスタナを排除する表明を行った。

前代未聞のUCI排除[編集]

さらにASOは、ツール・ド・フランス以外の自身が主催するレースについて、プロツアー対象レースよりも格下の扱いを行ったことにも反発。3月9日開幕のパリ〜ニースの開催について、UCIの介入を全く認めないといった手段に出た。対してUCIはこのような身勝手なレースは認めるわけにはいかないとして、パリ〜ニースに出場した選手、チームに対してしかるべき処置にまで言及しはじめ、ひいては開催直前まで互いに一歩も譲らない攻防戦が続いた。結局最後は国際プロ自転車チーム連盟(IPCT)が介入して、参加予定チームによる開催可否の投票が行われた結果、開催に対する賛成票が多かったことにより、ASO側から見て事なきを得ることになった。

アスタナ・チーム大活躍の皮肉な結末[編集]

ところで、アスタナの扱いについて、ASOと同調する形で自身主催のレースには招待しないとしていたRCSが、ジロ・デ・イタリア開催直前になって急遽アスタナを招待することを決したが、コンタドールが万全の体勢とは必ずしも言いがたいコンディションでありながらも総合優勝を果たした。さらにコンタドールは同年のブエルタ・ア・エスパーニャにおいて、自身が不参加だったツール・ド・フランスで総合優勝を果たしたカルロス・サストレを一蹴し、ツールを除く2つのグランツール制覇を果たした。さらに、リーヴァイ・ライプハイマーアンドレアス・クレーデンの2人が年間を通じて活躍を見せるなど、アスタナのツール排除が、アスタナの大活躍を呼び込むという皮肉な結末を呼ぶことになってしまった。

歴史的和解へ[編集]

UCIとの対立はASO自身の手では修復がほぼ不可能な情勢となり、親会社であるEPAが、国際オリンピック委員会の仲介もあって、2008年8月18日、UCIと和解することになった。UCIはプロツアー制度を踏襲する形で、新たにUCIワールドカレンダーの作成に着手。またこのワールドカレンダーには、ツール・ド・フランスも当然のことながら入っており、加えて国際レースにUCIが介入できないといった異常事態も解消される見込みである。

ASOが主催する主なスポーツイベント[編集]

自転車競技[編集]

以上、元UCIプロツアー対象レース。

陸上競技[編集]

ゴルフ[編集]

モータースポーツ[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]