サルバドールの朝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サルバドールの朝
Salvador (Puig Antich)
監督 マヌエル・ウエルガ
脚本 ルイス・アリァラーソ
原作 フランセスク・エスクリバノ
製作 ハウメ・ローレス
製作総指揮 ハビエール・メンデス
ステファン・マルゴリス
出演者 ダニエル・ブリュール
音楽 ルイス・リャック
撮影 ダビ・オメデス
編集 アイハラー
サンティ・ボリコン
配給 スペインの旗 ワーナー・ブラザーズ
日本の旗 CKエンタテインメント
公開 スペインの旗 2006年9月15日
日本の旗 2007年9月22日
上映時間 134分
製作国 スペインの旗 スペイン
言語 カタルーニャ語
スペイン語
フランス語
テンプレートを表示

サルバドールの朝』(Salvador (Puig Antich))は2006年に公開されたスペインの映画である。日本語吹き替え版も発売されている。

スペインで実際に起きた事件に基づいている。

ストーリー[編集]

スペインの反政府活動を行う青年であるサルバドール・プッチ・アンティック(実在の人物)が活動資金を得るために武装して銀行強盗を繰り返し、警官逮捕される際に警察官を射殺、死刑鉄環絞首刑)を宣告・執行されるまでの実話を描いている。

キャスト[編集]

括弧内は日本語吹き替え声優

外部リンク[編集]