グエン・バン・チュー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グエン・バン・チュー
Nguyễn Văn Thiệu
Nguyễn Văn Thiệu.jpg

ベトナム共和国
第2代・3代大統領
任期 1965年6月14日1975年4月21日

出生 1923年4月5日
Flag of Colonial Annam.svg 仏領インドシナニントゥァン省
死去 2001年9月29日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国マサチューセッツ州ニュートン

グエン・ヴァン・チューベトナム語: Nguyễn Văn Thiệu, 漢字:阮文紹, 1923年4月5日 - 2001年9月29日)は、ベトナム共和国(南ベトナム)の大統領

欧米、日本では姓のグエン(阮)ではなく、チューと呼ばれたが、これは阮姓を中心に姓の種類が少ないベトナムでは、個人を区別するため三音節の名前の最後の部分をとって呼ぶ習慣に由来するものであり、間違いではない。なお、原音は「テュー」に近い。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

仏領インドシナニントゥァン省に地主の家に生まれた。ベトミンに加わったものの1年で離脱し、その後海軍学校に入学し、さらにダラットの士官学校に転校した。1951年に卒業後はベトナム国ベトナム国軍英語版で着実に出世し、ホー・チ・ミン率いる北ベトナムとの戦いの指揮を執り頭角を現した。

大統領[編集]

ベトナム共和国軍(南ベトナム軍)の将官であった1965年に発生した軍事クーデターで、グエン・カオ・キ首相らとともにベトナム共和国の実権を握り、国家指導評議会議長(国家元首)に就任した。

その後、ベトナム戦争中の1967年9月3日に実施された大統領選挙において38%の得票を得てゴ・ディン・ジエム以来の大統領に就任し、1971年の選挙で再選された。

政権[編集]

強烈な反共主義であったといわれている。任期中は常に反共政策を採用し、北ベトナム南ベトナム解放民族戦線(ベトコン)に対抗した。

しかしチューの政権下では、他の南ベトナムの政権下と同じく汚職や不正が蔓延し、堕落し士気も下がった南ベトナム軍の規律はアメリカ軍の介入無しには維持できない程であった。

また、大統領としてのチューのもう一つの顔は南ベトナム国内における麻薬の不正取引の元締めであり、しかもその麻薬は敵である解放戦線から手に入れることもしばしばであったと言われている。

1973年のアメリカ軍撤退後に北ベトナム軍の南下を許すものの、最終的にアメリカ政府に軍事援助を拒否され、サイゴン陥落直前の1975年4月21日に大統領を辞任した。ちなみにサイゴン陥落時、自宅から大量の金塊を運んで逃亡したという逸話があるが真相は不明である。

亡命[編集]

サイゴン陥落後はアメリカ軍の手を借りて中華民国亡命し、その後イギリスサリーにわたり、最終的にアメリカ合衆国に移り住んで同地で病死した。

関連項目[編集]

先代:
ファン・カク・スー
(国家評議会議長)
ベトナム共和国大統領
第2代・3代:1965年-1975年
次代:
チャン・バン・フォン