ゴ・ディン・ジエム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴ・ディン・ジエム
Ngô Ðình Diệm
Ngo Dinh Diem - Thumbnail - ARC 542189.png

任期 1954年 – 1955年

任期 1955年10月 – 1963年11月

出生 1901年1月3日
Flag of Colonial Annam.svgフランス領インドシナフエ
死去 1963年11月2日(満62歳没)
ベトナムの旗 南ベトナムサイゴン
配偶者 なし

ゴ・ディン・ジエムベトナム語Ngô Ðình Diệm漢字呉廷琰1901年1月3日 - 1963年11月2日)は、ベトナム政治家ベトナム共和国(南ベトナム)初代大統領(在任1955年10月 - 1963年11月)。 姓はゴ(呉)であるが、名の一部をとって「ジエム大統領」などと呼ばれることが多い。これは、姓の数が少ないベトナムで、個人を区別するため三音節の名前の最後の部分をとって呼ぶ習慣に由来するものであり、間違いではない。ゴ・ジン・ジエムと表記されることもあるが、これは誤りである[1]。熱心なカトリック教徒。

プロフィール[編集]

貴族[編集]

フエの貴族の家に1901年に生まれた。1933年バオ・ダイ帝の「親政」開始に伴い、フランス領インドシナの保護国(植民地)であった阮朝宮廷の内相に就任するが、フランスの過酷な植民地支配には不満を感じていた。

亡命[編集]

第二次世界大戦下の1940年にフランスがドイツに占領され、親独のヴィシー政権が設立された後もその地位に留まる。しかし、1945年3月に仏印処理(明号作戦)によりベトナム駐留フランス軍が武装解除され、日本軍が実権を握った時に阮朝宮廷政府の新内閣組閣を請われるが、これを断って出国する。その後日本が敗戦し、ベトナムがフランスの植民地下に戻った後も帰国せずに亡命生活を送る。

ベトナム国首相[編集]

ベトナム
ベトナム社会主義共和国の国章

ベトナムの歴史


主な出来事
仏領インドシナ成立
仏印進駐 · 太平洋戦争
ベトナム八月革命
第一次インドシナ戦争
ベトナム戦争 · 中越戦争
ドイモイ


ベトナム共産党
南ベトナム解放民族戦線
共産主義
ホー・チ・ミン思想


「国家」
ベトナム民主共和国
ベトナム国
ベトナム共和国
南ベトナム共和国
自由ベトナム臨時政府
ベトナム社会主義共和国
越南民国臨時政府


人物
ファン・ボイ・チャウ
グエン・タイ・ホック英語版
バオ・ダイ
ホー・チ・ミン
ボー・グエン・ザップ
ゴ・ディン・ジエム
ゴ・ディン・ヌー
マダム・ヌー
グエン・ミン・チェット
グエン・カオ・キ
グエン・タン・ズン
ノン・ドゥック・マイン


言語
ベトナム語 · チュノム
クオック・グー

[編集]

ジエムはその後も亡命を続けたが、1954年ジュネーヴ協定の締結直前にサイゴンに帰国し、旧宗主国のフランスによって急遽建国された(「傀儡政府」と評されることもある)ベトナム国の初代首相となる。

南ベトナム大統領[編集]

ワシントンD.C.を訪れたゴ・ディン・ジエムを迎えるアメリカのアイゼンハワー大統領

就任[編集]

1955年に、フランスの傀儡で人気の無かったバオ・ダイ元首を国民投票で退任に追い込み、ベトナム共和国を樹立、初代大統領となる(しかしこの選挙結果は捏造された疑いが濃厚である[要出典])。

独裁の強化[編集]

反共主義者だったジエムは東南アジアでの共産主義の拡大を懸念するアメリカのバックアップを受け、ジュネーヴ協定に基づく南北統一総選挙を拒否してベトナム民主共和国への対決色を強め、弟のゴ・ディン・ヌー秘密警察と軍特殊部隊を掌握させて、国内の共産主義者を始めとする反政府分子を厳しく弾圧した。

1961年にアメリカ合衆国大統領に就任したジョン・F・ケネディ大統領は、J・ウィリアム・フルブライト上院外交委員会委員長に対し、「南ベトナムとラオスを支援するために『アメリカ軍』を南ベトナムとタイ王国に送る」と通告し、併せてこの決定を正当化させるために、リンドン・ジョンソン副大統領ロバート・マクナマラ国防長官をベトナムに派遣し情勢視察に当たらせた[2]。ジョンソン副大統領はベトナム視察の報告書の中でジエム大統領の事を「国民から乖離しており、しかもジエム本人以上に好ましくない人物に取り巻かれている」と忠告した[3]

1961年11月に、アメリカ合衆国軍はケネディ大統領の指導のもと、南ベトナム政府軍とともにジャングルに隠れてゲリラ戦を仕掛ける南ベトナム解放民族戦線(NLF)を壊滅させる目的で、爆撃機や武装ヘリコプターなどの各種航空機を使用したクラスター爆弾ナパーム弾による攻撃と、南ベトナム解放民族戦線(NLF)の補給・攻撃・潜伏の拠点であるジャングルを破壊する目的で、ジャングルに対する枯葉剤による攻撃、戦闘車両や重火器による攻撃を開始した。この際にジエム大統領は枯葉剤散布の許可を与えた。

仏教徒弾圧[編集]

中部フエ出身のため首都・サイゴンに政治的基盤がなかったが、熱心なカトリック教徒であったことから、カトリック信者が多かったサイゴンの有力者たちを優遇した。これに反発した仏教徒らの反政府運動に対し、1963年戒厳令を布告。各地の寺院を襲撃して僧たちを逮捕した。

1963年5月にフエで行われた反政府デモでは警察がデモ隊に発砲し死者が出るなどその規模はエスカレートし、同年6月には、仏教徒に対する抑圧を世界に知らしめるべく、事前にマスコミに対して告知をした上でサイゴン市内のアメリカ大使館前で焼身自殺をしたティック・クアン・ドック師の姿がテレビを通じて全世界に流され、衝撃を与えるとともに、国内の仏教徒の動向にも影響を与えた。

これに対してジエム大統領の実弟のゴ・ディン・ヌー秘密警察長官の妻であるマダム・ヌーが、「あんなものは単なる人間バーベキューよ」とテレビで語り、この発言に対してアメリカのケネディ大統領が激怒したと伝えられた。国内のみならずアメリカをはじめ国際的にも批判を浴び、南ベトナムではその後も僧侶による抗議の焼身自殺が相次ぎ、これに呼応してジエム政権に対する抗議行動も盛んになった。

ケネディ政権との対立[編集]

ケネディ大統領とマクナマラ国防長官
射殺されたジエム

南ベトナムの状況のさらなる悪化を受け、かねてジョンソン副大統領が「ジエムの好ましくない取り巻き」と指摘していたゴ・ディン・ヌー秘密警察長官の更迭を、ケネディ大統領がジエム大統領に提言したものの、ただちに拒否されるなど、ベトナムへの軍事介入と併せて、南ベトナム政府への内政干渉を強化するケネディ大統領とジエム大統領の関係は悪化していった。

その後1963年8月24日に、ケネディ大統領との関係が深かったヘンリー・カボット・ロッジJr.が駐南ベトナム特命全権大使に着任し、その後直ちにジエム大統領に対してヌー秘密警察長官の更迭を再度求めるべく会見を求めたが拒否された。なおケネディ大統領はロッジ大使に対して「もしジエム大統領がヌー秘密警察長官の更迭を拒否したなら、『(アメリカは)ジエム自身を保護できない可能性に直面すると警告せよ」との訓令を授けていた[4]

殺害[編集]

この様な混沌とした状況下において、ケネディ大統領以下アメリカ政府の黙認のもと、CIAの全面的支援を受けたズオン・バン・ミン将軍の率いる軍内部の反ジエム派と、アメリカ軍の「軍事顧問団」と近い南ベトナム軍内の親米勢力(この2つの勢力は事実上同一であった)によって反ジエムクーデターが計画され、その状況は南ベトナム軍事援助司令部を経由してケネディ政権にも逐次報告されるようになっていた。

11月2日にはクーデターが発生し、ジエム大統領とヌー秘密警察長官は反乱部隊により政権の座から下ろされ、逃げ込んだサイゴン市内のチョロン地区にあるカトリック教会の前に止めた反乱部隊の装甲兵員輸送車の中で頭部を撃たれて殺害された。これを受けてヌー秘密警察長官の妻であるマダム・ヌーをはじめとするジエム政権の上層部は国外へ逃亡し、ジエム大統領とその一族が南ベトナムから姿を消したその当日には、南ベトナム軍の軍事顧問でクーデターを首謀したズオン・バン・ミン将軍を首班とした軍事政権が成立する。

なお当初、「ジエム大統領は自殺した」と伝えられていたため、ジエム大統領が信仰心の篤いカトリック教徒であることを知っていたケネディ大統領は、「『自殺した』との報告に非常に大きな衝撃を受けていた」とマクナマラ国防長官は証言している[5]

ケネディ大統領がどこまで反ジエムクーデターに関与、支持していたのかについては議論が分かれている[6]が、後にマクナマラ国防長官はこの反ジエムクーデターに対して「ケネディ大統領はジエム大統領に対するクーデターの計画があることを知りながら、あえて止めなかった」と、ケネディ大統領が事実上反ジエムクーデターを黙認したことを証言している[7]上に、ケネディ大統領から上記のような訓令を受けたロッジ大使もマクナマラ国防長官と同様の証言を行っている。いずれにしてもクーデターの発生とジエム大統領殺害の報告を受けたケネディ大統領は、「このクーデターにアメリカは関係していない」との声明を出すように指示した。  

その後[編集]

その後1967年グエン・バン・チュー政権が出来るまでクーデターが繰り返し起こるなど、南ベトナムは極度に不安定な状態政治におちいった。

「ベトコン」の名付け親[編集]

解放戦線を「ベトコン(越共=ベトナムの共産主義者)」と最初に呼んだのはジエムである。ベトコンには非共産系の構成員もいたが、共産主義政府の北ベトナムにより実質的に支配・援助されていたため、あながちこの指摘は間違いとは言えない。

出典[編集]

  1. ^ ベトナム語のアルファベット表記(クオック・グー)はラテン文字を改造したものだが、母音記号や声調符号などが付されるため英語やフランス語などと比較しても複雑である。しかし、西洋標準のタイプライターではクオック・グーをそのまま表記できないこともあって、新聞記事などでは多くの場合それらの付加記号が省略され、彼の姓名のアルファベット表記もĐとDの区別が消滅したNgo Dinh Diemとされることが多かった。ベトナム語ではD/dはザ行ないしジャ行に近い音を表しダ行の音にはÐ/đを用いるため、「ジン・ジェム」の表記が生まれた。ベトナム戦争時には連日彼の名がこの表記でメディアに登場したため、この誤表記は現在でもしばしば見られる。
  2. ^ 『外交』ヘンリー・キッシンジャー著 1996年 日本経済新聞社』同著の中でキッシンジャーは、「このような情勢視察は常に、ある決定(=アメリカ軍「軍事顧問団」の増派)が既になされていたということを示すだけのものである」と、情勢視察を行う前にアメリカ軍「軍事顧問団」の増派が決定されていたことを指摘している
  3. ^ 『ベスト&ブライテスト』P.237 デイビッド・ハルバースタム著 2009年 二玄社』
  4. ^ 『外交』P.296 ヘンリー・キッシンジャー著 1996年 日本経済新聞社』
  5. ^ 『ベトナム戦争への道―大統領の選択』NHK 1999年』
  6. ^ 『CIA秘録 上巻』
  7. ^ 『ベトナム戦争への道―大統領の選択』NHK 1999年』

関連項目[編集]

先代:
バオ・ダイ
ベトナム国元首
1954年 - 1955年
次代:
-
先代:
-
ベトナム共和国大統領
1955年 - 1963年
次代:
ズオン・バン・ミン