グエン・カオ・キ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グエン・カオ・キ
Nguyễn Cao Kỳ
CaoKy1966.jpg

任期 1965年1967年

任期 1967年1971年

出生 1930年9月8日
Flag of Colonial Annam.svg フランス領インドシナサイゴン
死去 2011年7月23日(満80歳没)
マレーシアの旗 マレーシア クアラルンプール
ベトナム
ベトナム社会主義共和国の国章

ベトナムの歴史


主な出来事
仏領インドシナ成立
仏印進駐 · 太平洋戦争
ベトナム八月革命
第一次インドシナ戦争
ベトナム戦争 · 中越戦争
ドイモイ


ベトナム共産党
南ベトナム解放民族戦線
共産主義
ホー・チ・ミン思想


「国家」
ベトナム民主共和国
ベトナム国
ベトナム共和国
南ベトナム共和国
自由ベトナム臨時政府
ベトナム社会主義共和国
越南民国臨時政府


人物
ファン・ボイ・チャウ
グエン・タイ・ホック英語版
バオ・ダイ
ホー・チ・ミン
ボー・グエン・ザップ
ゴ・ディン・ジエム
ゴ・ディン・ヌー
マダム・ヌー
グエン・ミン・チェット
グエン・カオ・キ
グエン・タン・ズン
ノン・ドゥック・マイン


言語
ベトナム語 · チュノム
クオック・グー

[編集]

グエン・カオ・キベトナム語: Nguyễn Cao Kỳ, 漢字: 阮高祺, 1930年9月8日 - 2011年7月23日)は、ベトナム戦争当時のベトナム共和国南ベトナム)の政治家。南ベトナム首相副大統領空軍司令官。

経歴[編集]

軍人[編集]

フランス領インドシナのサイゴンに生まれる。宗主国であったフランス軍によって飛行機の操縦訓練を受けた後、1954年ベトナム国に戻り、翌年のベトナム共和国(南ベトナム)の建国後に同国空軍に入隊し、ズオン・バン・ミン大統領の下で空軍将校となり、軍人としては少将まで昇進した。

副大統領[編集]

1965年2月に起きた軍事クーデターで、グエン・カーン大統領を失脚させ南ベトナム政府の実権を掌握し、同国の首相を経てベトナム戦争中の1967年に、グエン・バン・チュー大統領政権下で副大統領に就任した。

同じ軍人出身のグエン・バン・チュー大統領とともにアメリカの支援を受けて北ベトナムやその指揮下にある南ベトナム解放民族戦線と戦ったが、その後チュー大統領との関係が悪化したことから1971年に副大統領を辞任し、同時に政界から引退した。

亡命[編集]

その後もお目付け役的な立場で活躍したものの、1975年4月30日サイゴン陥落の直前に、アメリカ軍ヘリコプターアメリカ海軍揚陸指揮艦ブルー・リッジ」に向かい、そのままアメリカに亡命した。

亡命後[編集]

亡命先のアメリカのカリフォルニア州の「リトル・サイゴン」では貿易商や商店主として成功した為、香港にも支店を開設していた。また、講演活動も行っていた。南ベトナムの元高官としては珍しく、現在のベトナムの共産党政権に対して融和的な意見を持つことから、南ベトナムからの亡命者の中には距離を置く者も多い。ベトナムとアメリカが国交を回復した後の2004年1月に約30年ぶりに故国の土を踏んだ。

その死[編集]

2011年7月23日に、呼吸器疾患の治療で入院していたマレーシアクアラルンプールの病院で亡くなった。80歳没[1]

麻薬密輸[編集]

軍人時代からアヘンなどの麻薬取引に深くかかわっていたと噂され、アメリカのジャーナリストのアルフレッド・W.マッコイからはその著書内で、1960年代から1970年代にかけてCIAが運営していた航空会社エア・アメリカ」の機材を自らの麻薬の運搬に使用したことから、同社の運送プログラムの担当から除外されたことがあると指摘されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 元南ベトナム副大統領が死去 産経新聞 2011年7月23日閲覧

関連項目[編集]

先代:
ファン・フイ・クアト
ベトナム共和国首相
第8代 1965年 - 1967年
次代:
グエン・バン・ロク