オットー・シュトラッサー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オットー・シュトラッサー。1950年代、西ドイツにて

オットー・ヨハン・マクシミリアン・シュトラッサーOtto Johann Maximilian Strasser1897年9月10日1974年8月27日)は、ドイツの政治家。国家社会主義ドイツ労働者党所属。実兄グレゴール・シュトラッサーと共にナチス左派を代表する人物として知られる。

略歴[編集]

ドイツ帝国領邦バイエルン王国バート・ヴィンツハイム出身。第一次世界大戦に従軍した後は義勇軍(フライコール)に参加し、社会主義者達が建国したバイエルン・ソビエト共和国Bayerische Räterepublik)の打倒闘争に参加した。同時期にドイツ社会民主党へ入党し、1920年にはカップ一揆への反対闘争に参加した。しかし急進派のオットーは、ルール地方の労働者暴動を抑圧しようとするSPDの姿を見て反感を持つようになりSPDを離党。1925年にグレゴールが身を置いていたナチ党へ入党した。また新聞でジャーナリストとして働いた。

ベルリンをはじめとする北ドイツで、グレゴールや自身が入党を認めたヨーゼフ・ゲッベルスとともにナチス左派の代表格となり、社会主義的な経済政策やソビエト連邦との接近を主張し、アドルフ・ヒトラーヘルマン・エッサーのミュンヘン党本部と敵対した。特にプロレタリア革命路線を持ち続けていたオットーは、合法選挙活動路線に転じていたヒトラーと激しく対立することになった。ヒトラーは1930年5月21日から22日にかけて7時間にわたりオットーと激論してなんとか懐柔しようとしたが、結局失敗した。この会談の失敗で、ヒトラーはオットーに与えるはずだった宣伝全国指導者職のゲッベルスへの委譲と、オットーの党除名を決意した。

1930年6月30日、ヒトラーは1926年半ば頃に自派に取り込んでいたゲッベルスに、オットーらナチス左派の党追放を命じた。7月2日、これを受けたゲッベルスはベルリン党役員会議でオットーの党除名を決議した。オットーらはクルト・ダリューゲが指揮する親衛隊につまみだされて党集会に参加出来なかった。

7月4日にはオットーも新聞紙面でナチス党からの離脱を宣言した。しかし追従者は僅か24名だけであった。その後は人狼団オーバーラント団などとともに革命的国家社会主義者闘争活動共同体を創設。後に同団体は黒色戦線と改名される。グレゴールはナチ党にとどまっていたが、オットーの謀反と離脱で党内で苦しい立場に立たされ、急速に影響力を弱めていった。

ヒトラー内閣誕生後はSDの目をくぐりぬけてドイツから脱出し、スイス経由でカナダへ亡命し、そこから反ヒトラー活動を行った。グレゴールはなおもドイツにとどまっていたが、長いナイフの夜の際に粛清されている。第二次世界大戦でドイツが敗戦し、ナチ党が消滅するとドイツへ帰国しようとしたが、占領軍と西ドイツ政府から帰国を妨害されてしまった。ようやく西ドイツへ帰国することを許されたのは1955年のことだった。

1974年、バイエルン州ミュンヘンで死去。ナチス左派の幹部としては最後の生き残りであった。

参考文献[編集]