フランチェスコ・コッシガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランチェスコ・コッシガ
Francesco Cossiga
Cossiga Francesco.jpg

任期 1985年7月3日1992年4月28日

任期 1979年8月4日1980年10月18日
元首 アレッサンドロ・ペルティーニ

出生 1928年7月26日
イタリア王国の旗 イタリア王国サッサリ
死去 2010年8月17日(満82歳没)
イタリアの旗 イタリアローマ市
政党 キリスト教民主主義

フランチェスコ・コッシガFrancesco Cossiga1928年7月26日 - 2010年8月17日)は、イタリア政治家。同国内務大臣、閣僚評議会議長(首相に相当、第62代)、大統領(第8代)を歴任した。

日本の新聞や出版物では通常「コシガ[1]」と表記されるが、原語により近い発音は「コッシーガ」である。

人物概要[編集]

サルデーニャ島の北にあるサッサリ出身。第二次世界大戦中から政治活動を始める。

長くキリスト教民主主義(DC)に所属した。内務大臣在職中の1978年アルド・モーロ殺害事件が発生している。

1992年のミラノ地方検察庁による強制捜査に端を発した政官界の大規模汚職「タンジェントポリ」摘発でDCが解体された後の1998年6月に共和国民主連合(UDR)を結党する。しかし翌年、マッシモ・ダレマ内閣への態度をめぐりUDRはコッシガ派とクレメンテ・マステッラ派に分裂。コッシガは共和国連合(Unione per la Repubblica,UpR)を結党した。

2007年11月30日付のイタリアの有力紙「コッリエーレ・デッラ・セーラ」にて、「911事変はアメリカによる自作自演攻撃だった」と公言した[2]

略歴[編集]

  • 1979年8月4日 - 第62代首相に就任。
  • 1980年10月18日 - 首相を退任。
  • 1985年7月3日 - 第8代大統領に就任。
  • 1992年4月28日 - 一連の問題発言に端を発した弾劾騒動の責任をとって大統領を辞任。
  • 2010年8月17日 - 呼吸不全により死去、82歳[1]

脚注[編集]

関連項目[編集]


公職
先代:
アレッサンドロ・ペルティーニ
イタリアの旗 イタリア共和国大統領
第8代:1985 - 1992
次代:
オスカル・ルイージ・スカルファロ
先代:
ジュリオ・アンドレオッティ
イタリアの旗 イタリア共和国首相
第62代:1979 - 1980
次代:
アルナルド・フォルラーニ