ランベルト・ディーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イタリアの旗 イタリアの政治家
ランベルト・ディーニ
Lamberto Dini
Lamberto dini.jpg
ランベルト・ディーニ
生年月日 1931年3月1日(83歳)
出生地 トスカーナ州フィレンツェ県
フィレンツェ
出身校 フィレンツェ大学経済学部
所属政党 自由の人民(2008年 - )
自由民主主義者
配偶者 ドナテッラ・ディーニ

内閣 ディーニ内閣
任期 1995年1月17日 - 1996年3月17日
大統領 オスカル・ルイージ・スカルファロ

内閣 第1次ロマーノ・プローディ内閣
任期 1996年5月17日 -
内閣 マッシモ・ダレマ内閣
内閣 第2次ジュリアーノ・アマート内閣

イタリアの旗 法務大臣
内閣 ディーニ内閣
任期 1995年10月19日 - 1996年2月16日

その他の職歴
イタリアの旗 国庫大臣
(1994年5月 - 1995年1月)
イタリアの旗 上院(元老院)議員
(2001年 - 現職)
イタリアの旗 下院(代議院)議員
(1996年 - 2001年)
イタリアの旗 自由民主主義者党首
(2007年 - 現職)
テンプレートを表示

ランベルト・ディーニIt-Lamberto Dini.ogg Lamberto Dini[ヘルプ/ファイル]1931年3月1日 - )は、イタリア政治家経済学者上院議員(2期)。

下院議員(1期)、首相(第75代)、外相、法相、国庫相、上院副議長、自由民主主義者党首(初代)、国際通貨基金理事、イタリア銀行副総裁を歴任。

概要[編集]

トスカーナ州フィレンツェ県フィレンツェ出身。

フィレンツェ大学経済学部を経て、ミシガン大学大学院修了。

1959年、IMF勤務。 1976年からIMF理事に就任。

1979年にはイタリア銀行副総裁に転身し、アジア開発銀行のイタリア代表に就任。

1994年5月、第1次ベルルスコーニ内閣に非議員ながら国庫相に就任。翌1995年1月、第75代(戦後第54代)の首相に任命される。

2007年マルゲリータ(ML)と左翼民主主義者(DS)の合流(民主党結党)方針に反発し離党、自由民主主義者(DL)を結成し、党首に就任した。2008年プローディ内閣信任案に反対票を投じたことで「ルニオーネ」と決別、中道右派連合「自由の人民」(PL)入りを表明した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
スザンナ・アニェッリ (en
イタリアの旗 イタリア共和国外務大臣
1996 - 2001
次代:
ジュリアーノ・アマート
先代:
シルヴィオ・ベルルスコーニ
イタリアの旗 イタリア共和国首相
第75代:1995 - 1996
次代:
ロマーノ・プローディ
先代:
フィリッポ・マンカソ (en
イタリアの旗 イタリア共和国法務大臣
1995 - 1996
次代:
ヴィンチェンツォ・カイアニエッロ (en
党職
先代:
(結党)
自由民主主義者党首
2007 -
次代:
(現職)
執筆の途中です この「ランベルト・ディーニ」は、イタリアに関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正等して下さる協力者を求めていますP:イタリア/PJイタリア)。