サルヴァトーレ・スキラッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スキラッチ Football pictogram.svg
Salvatore Schillaci.jpg
名前
愛称 トト
ラテン文字 Salvatore SCHILLACI
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 1964年12月1日(49歳)
出身地 パレルモ
身長 171cm
体重 72kg
選手情報
ポジション FW
利き足 右足
代表歴
1990-1991 イタリアの旗 イタリア 16 (7)
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

サルヴァトーレ・スキラッチSalvatore Schillaci1964年12月1日-)は、イタリアパレルモ出身のサッカー選手。ポジションはFW。「トト」のニックネームで親しまれた。イタリア語の発音により近づけた表記は「スキッラーチ」(「ッ」は「ラ」の前)となる。

来歴[編集]

1981年に地元のアマチュアクラブ、AMATパレルモでデビュー。翌シーズンにFCメッシーナへ移籍し、クラブのセリエB昇格に貢献。自身も1988-1989シーズンのセリエB得点王になり、その活躍が認められてセリエAユヴェントスへ移籍しリーグ戦で15得点を挙げる活躍、また同シーズンのUEFAカップ獲得に貢献した。

この活躍によりイタリア代表に選出され1990年3月31日スイス戦で代表デビューを果たし、その2ヵ月後に開催された地元でのイタリアW杯では不調のジャンルカ・ヴィアリに代わって出場し、7試合で6得点をマークし得点王に輝くとともにゴールデンボール賞を受賞し、イタリアを3位へ導いた。

しかし、その後は故障などもあって本来の実力を発揮できず、1992年にはインテル・ミラノへ移籍したが不振に終わり、1994年からはジュビロ磐田でプレー。磐田での登録名はスキラッチ1995年には福田正博に次ぐ31得点を挙げた。1997年シーズン早々に腰痛が悪化して帰国。そのまま磐田を退団して現役を引退した。

2008年、中田英寿が主催した特別試合「+1 FOOTBALL MATCH(プラスワンフットボールマッチ)」に参戦。11番FWとして試合に先発した。なお、この試合の実況席には、解説者として後述の武田修宏が座っていた。武田はスキラッチのことをこの試合の注目選手だと述べていた。

現在は地元のパレルモでサッカースクールを開設している。

エピソード[編集]

  • 元日本代表FWの武田修宏が1996年に磐田にレンタル移籍してきた。開幕前の練習の際紅白戦で武田がFWのポジションに入ったとき「ここはオレのポジションだ」といわんばかりに武田を殴り、前歯を折ってしまった。なおその後武田とは和解し、パレルモのサッカースクールに武田が取材などで訪れている。
  • 頭髪が薄かった(チームメイトだった中山雅史はTV番組で「ハゲラッチ」とあだ名していた)が、引退後に植毛したらしく髪が増えている。磐田のJ昇格10周年記念イベントに参加した際、磐田の松崎社長(当時)が「体型の変わった人も、髪の増えた方も…」とコメント。場内は笑いが起きた。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
イタリア リーグ戦 イタリア杯 オープン杯 期間通算
1981-82 パレルモ
1982-83 メッシーナ セリエC2 26 3
1983-84 セリエC1 26 4
1984-85 31 4
1985-86 31 11
1986-87 セリエB 33 3
1987-88 37 13
1988-89 35 23
1989-90 ユヴェントス セリエA 30 15
1990-91 29 5
1991-92 31 6
1992-93 インテル・ミラノ 21 6 0 0
1993-94 9 5 3 0
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1994 磐田 - J 18 9 4 5 1 0 23 14
1995 34 31 - 0 0 34 31
1996 23 15 8 3 0 0 31 18
1997 11 3 1 2 1 0 0 5 2
通算 イタリア セリエA
イタリア セリエB
イタリア セリエC1
イタリア セリエC2
日本 J 78 56 14 9 1 0 93 65
総通算