トラーパニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トラーパニ
Trapani
トラーパニの風景
エーリチェからのトラーパニ市街眺望
行政
イタリア国旗 イタリア
シチリア州旗 シチリア
Blank.png トラーパニ
CAP(郵便番号) 91100
市外局番 0923
ISTATコード 081021
識別コード L331
分離集落 #行政区画参照
隣接コムーネ #隣接コムーネ参照
公式サイト リンク
人口
人口 69,183 [1](2012-01-01)
人口密度 254.6 人/km2
文化
住民の呼称 trapanesi
守護聖人 Sant'Alberto
祝祭日 8月7日
地理
座標 北緯38度1分0秒 東経12度31分0秒 / 北緯38.01667度 東経12.51667度 / 38.01667; 12.51667座標: 北緯38度1分0秒 東経12度31分0秒 / 北緯38.01667度 東経12.51667度 / 38.01667; 12.51667
標高 3 (0 - 751) [2] m
面積 271.72 [3] km2
トラーパニの位置
トラーパニの位置
トラーパニ県におけるコムーネの領域
トラーパニ県におけるコムーネの領域
Flag of Italy.svg ポータル イタリア
テンプレートを表示

トラーパニイタリア語: Trapani ( 聞く))は、イタリア共和国シチリア島西部に位置する都市で、その周辺地域を含む人口約7万人の基礎自治体コムーネ)。トラーパニ県の県都である。

地中海に面した港湾都市であり、沖合のエーガディ諸島や地中海沿岸各地へ向かうフェリーが発着する玄関口である。コムーネ単体の人口はマルサーラに次いで県内2位であるが、エーリチェのカーサ・サンタ地区とも市街地が連続しており、都市圏人口は約10万人である。

名称[編集]

Trapani[ˈtrapani] [4]と発音される。日本語文献では「トラーパニ」のほか、「トラパニ[5][6][7][8][9]とも表記される。

地理[編集]

位置・広がり[編集]

トラーパニ県北西部のコムーネで、地中海(ティレニア海)に面する。トラーパニの市街は、州都パレルモの西南西約75km、アグリジェントの北西約122km、チュニジアの首都チュニスの北東約247km、サルデーニャ島カリャリの南東約324kmに位置する。

コムーネの面積は 271.72 km2におよび、マツァーラ・デル・ヴァッロに次いで県内第2位の広さである。市域は、パチェーコを挟んで北と南の2つに分断されおり、トラーパニ市街のある北側の「本体」よりも、南側の飛び地の方が大きい。

隣接コムーネ[編集]

トラーパニ市街のある「本体」と隣接するコムーネは以下の通り。

南部の飛び地と隣接するコムーネは以下の通り。

歴史[編集]

エリミ人(en:Elymians)が、近隣の都市エリュクスの港として町をつくった。港が鋭くカーブしている姿から、古代ギリシャ人からドレーパノン(Drépanon、鎌)と名付けられた。紀元前260年にカルタゴが町を掌握してから、重要な海軍港となった。しかし紀元前241年に第一次ポエニ戦争中のアエガテス諸島の戦いen:Battle of the Aegates Islands)で勝利したローマ帝国が獲得した。

第二次世界大戦中、連合国軍の爆撃で市は壊滅的な被害を受けた。戦後復興し、市街がサン・ジュリアーノ山の麓まで広がった。

行政[編集]

行政区画[編集]

トラーパニには以下の分離集落(フラツィオーネ)がある。

  • Marausa, Xitta, Palma, Fontanasalsa, Guarrato, Fulgatore, Salinagrande, Locogrande, Rilievo, Borgo Fazio, Ummari

社会[編集]

経済・産業[編集]

何世紀にも亘って、塩田や製塩産業が栄え、「塩の道」の途上にあることから、独特な文化や経済が生まれている。経済の大部分は今も海に依存している。漁業と、水産品の缶詰製造は重要な地元産業である。地元の猟師たちは、マッタンツァ(Mattanza)と呼ばれる独特の漁法でマグロ漁を行うことが知られている。サンゴは重要な輸出品で、大理石も同様である。トラパニ県は、世界でも有数のワインの産地である。

エーリチェ、セジェスタ遺跡、エーガディ諸島に近いため、観光が近年伸びてきている。

交通[編集]

港湾[編集]

主要フェリー港であり、エーガディ諸島の他パンテッレリーア島サルデーニャ島チュニジアへの便がある。

空港[編集]

トラーパニ・ビルギ空港は、南のマルサーラとの境界付近に位置する。

このほか、市街東方には軍用のトラーパニ・ミロ飛行場 (Trapani-Milo Airport、南方にボリッツォ飛行場(トラーパニ・キニザ空港) (Borizzo Airfieldが所在した。

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 国立統計研究所(ISTAT). “Total Resident Population on 1st January 2012 by sex and marital status” (英語). 2013年4月28日閲覧。
  2. ^ 国立統計研究所(ISTAT). “Tavola: Popolazione residente - Trapani (dettaglio loc. abitate) - Censimento 2001.” (イタリア語). 2013年4月28日閲覧。
  3. ^ 国立統計研究所(ISTAT). “Tavola: Superficie territoriale (Kmq) - Trapani (dettaglio comunale) - Censimento 2001.” (イタリア語). 2013年4月28日閲覧。
  4. ^ DiPI Online - Dizionario di Pronuncia Italiana”. 2013年4月28日閲覧。
  5. ^ 望月一史. “トラパニ”. 世界大百科事典 第2版. コトバンク. 2013年4月28日閲覧。
  6. ^ トラパニ”. デジタル大辞泉. コトバンク. 2013年4月28日閲覧。
  7. ^ google map”. 2013年4月28日閲覧。
  8. ^ 『現代地図帳 2006-2007』 二宮書店2006年、60頁。
  9. ^ 『なるほど知図帳 世界 2013』 昭文社2013年、58頁。

外部リンク[編集]