マルサーラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マルサーラ
Marsala
マルサーラの風景
行政
イタリア国旗 イタリア
シチリア州旗 シチリア
Blank.png トラーパニ
CAP(郵便番号) 91025
市外局番 0923
ISTATコード 081011
識別コード E974
分離集落 #行政区画参照
隣接コムーネ #隣接コムーネ参照
公式サイト リンク
人口
人口 80,145 [1](2012-01-01)
人口密度 人/km2
文化
住民の呼称 marsalesiまたはlilybetani
守護聖人 Madonna della Cava
祝祭日 1月19日
地理
座標 北緯37度48分0秒 東経12度26分0秒 / 北緯37.80000度 東経12.43333度 / 37.80000; 12.43333座標: 北緯37度48分0秒 東経12度26分0秒 / 北緯37.80000度 東経12.43333度 / 37.80000; 12.43333
標高 12 (0 - 262) [2] m
面積 241.64 [3] km2
マルサーラの位置(イタリア内)
マルサーラ
マルサーラの位置
トラーパニ県におけるコムーネの領域
トラーパニ県におけるコムーネの領域
Flag of Italy.svg ポータル イタリア
テンプレートを表示

マルサーライタリア語: Marsala)は、イタリア共和国シチリア州トラーパニ県にある都市で、その周辺地域を含む人口約8万人の基礎自治体コムーネ)。「マルサラ」とも表記される。

シチリア島の西海岸に位置する港湾都市で、県内最大の人口を有する都市・コムーネである。この町の名を有名にしているのが、酒精強化ワインマルサラ・ワイン(it:Marsala (vino))である。

地理[編集]

位置・広がり[編集]

トラーパニ県中部のコムーネ。

マルサーラとトラーパニ県の主要都市

隣接コムーネ[編集]

隣接するコムーネは以下の通り。

歴史[編集]

大聖堂(ドゥオーモ)

マルサーラは、かつてカルタゴ人がシチリアに築いた第一の要塞リルバイウム(Lilybaeum)のあった場所を占めている。この要塞はギリシャ都市モティア(en:Motya)が打ち捨てられた後の紀元前396年に、カルタゴ人航海者ヒミルコ(en:Himilco)によって建設された。ピュロスローマ人攻城戦でリリバエウムを零落させることができなかったが、ローマ人は第一次ポエニ戦争の終盤である紀元前241年に和平をもって降伏させた。後に続けて起きた戦争では対カルタゴのローマ軍遠征のための出発地となり、ローマ支配下で繁栄を謳歌したとされている。皇帝アウグストゥスより地方自治権を獲得し、ペルティナクス帝、セプティミウス・セウェルス帝の元で植民都市となった。

シチリアがアラブ人の支配を受けた時代に、現在の名前マルサーラが与えられた。これはアラビア語のマルサ・アラー("Marsa Allah"、アラーの港)またはマルサ・アリー("Marsa Ali"、アリーの港。アリーとは大きな、偉大な、という意味と同意語であり、古代のリリバエウム港は巨大であった)から生じている。古代の港は現在の市の北西にあったが、海賊が港を占拠するのを避けようと神聖ローマ皇帝カール5世が命じて破壊された。

1860年5月11日、ジェノヴァを出発したジュゼッペ・ガリバルディ率いる「千人隊」が上陸した。上陸後まもなくパレルモの解放を成功させると、イタリア本土にわたってブルボン家支配を終わらせた。

行政[編集]

行政区画[編集]

マルサーラには以下の分離集落(フラツィオーネ)がある。

  • Addolorata, Amabilina, Ciavolotto, Strasatti, Terrenove, Birgi, Paolini-Matarocco, Ranna, Tabaccaro, Bosco, Bufalata.

交通[編集]

マルサラ港からはパンテッレリーア島に船で約4時間で行ける。

脚注[編集]

外部リンク[編集]