ティベリオス3世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ティベリオス3世が印されたノミスマ金貨

ティベリオス3世ギリシア語Τιβέριος Γ'(Tiberios III), ? - 706年2月15日?)は、東ローマ帝国皇帝(在位:698年 - 705年8月)。ローマ帝国第2代皇帝のティベリウスを代数に数えず、「ティベリオス2世」と呼ぶ場合もある。

生涯[編集]

元の名はアプシマロスΑψίμαρος (Apsimaros))。697年カルタゴを奪回した帝国艦隊は翌698年にカルタゴからウマイヤ朝軍によって排除された。指揮官のヨハネスはクレタ島まで撤退して援軍を待っていたが、その時反乱が起きてヨハネスは殺された。反乱軍は当時帝国艦隊配下にあったキビュライオタイ(レオーン3世時代にテマ・キビュライオタイに昇格)の指揮官であったアプシマロスを皇帝として、コンスタンティノポリスに戻って攻撃を行った。コンスタンティノポリス市内でサーカス党派が呼応したこともあって開城し、先代の皇帝・レオンティオスを廃位することに成功した。

このような経過から即位したため、カルタゴの再奪回は成功しなかった。一方でユスティニアノス2世時代から激化していた小アジア半島でのウマイヤ朝との戦いでは、兄弟のヘラクレイオスを東方の複数のテマの長官(モノストラテーゴス)に任じて対応させた。ヘラクレイオスはアルメニア方面では苦戦するものの、ウマイア朝の軍に対して決定的な敗北を被ることなく良く防衛することに成功した。

しかし、ケルソンを脱出したユスティニアノス2世が705年にコンスタンティノポリスに迫る。ユスティニアノス2世は秘密の抜け穴を通ってコンスタンティノポリスに入城したためティベリオス3世は逃亡し、ユスティニアノス2世が復位した。ほどなくティベリオス3世は捕らえられ、投獄されていたレオンティオスとともに処刑された。

子女[編集]

ヘラクレイオス王朝断絶後の三皇帝最後の1人であるテオドシオス3世はティベリオス3世の息子という有力な見解が提出され、テオドシオス3世が皇帝に即位できた理由と推測されている。