イサウリア朝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イサウリア王朝(イサウリアおうちょう、ギリシア語: Δυναστεία Ισαύρων717年 - 802年)は、東ローマ帝国王朝。5人の皇帝を輩出した。名前は初代のレオーン3世が小アジアのイサウリア出身であったと言われていたことに由来するが、近年の研究ではこれは誤りであり、レオーン3世はシリアキリキア地方の境域部に位置するゲルマニケイア(現マラシュ)の出身であったことが分かっている。このためシリア朝と呼ばれることもある。

3代目のレオーン4世が死ぬと、幼いコンスタンティノス6世に代わって母后エイレーネーが摂政となった。しかしコンスタンティノス6世が長ずるに従って母子の関係は悪化し、エイレーネーは実の息子の目をくり抜いた上で追放して帝位に就いた。この経緯から彼女は市民の支持を全く得られず、財政政策における失敗も重なって財務長官ニケフォロスによって廃位された。ここにイサウリア朝は断絶し、ニケフォロスがニケフォロス1世として即位してアモリア王朝が始まった。

イサウリア朝皇帝一覧[編集]

先代:
ヘラクレイオス王朝
東ローマ帝国
717年 - 802年
次代:
アモリア王朝