ミカエル5世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミカエル5世が印された金貨

ミカエル5世“カラファテス”ギリシア語Μιχαήλ Εʹ ὁ Καλαφάτης (Mikhaēl IV ho Kalaphatēs)1015年 - 1042年8月24日)は、東ローマ帝国マケドニア王朝皇帝(在位:1041年 - 1042年)。ミカエル4世の養子。“カラファテス”は「繋ぎ」「隙間の詰物」を意味する渾名で、その在位期間の短さに由来する。中世ギリシア語読みでは「ミハイル5世“カラファティス”」となる。

ミカエル4世の甥(従兄弟とも言われている)であったが、ミカエル4世に男児がいなかったため、養子として迎えられた。1041年、ミカエル4世が病死した後、宦官ヨハネス・オルファノトロフォス(ミカエル4世の弟)によって皇帝として擁立された。ヨハネスはミカエル5世を傀儡として操る腹づもりがあったらしいが、ミカエル5世は親政を行なうため、ヨハネスを逆に追放した。

さらに親政を行なうために邪魔な皇太后・ゾエをも追放しようと図ったが、マケドニア王朝の嫡子であるゾエは民衆に尊敬されていたため、これに反発した首都市民が逆にミカエル5世に反乱を起こして捕縛、廃位されたうえ、盲目にされて追放されてしまった。