シリア語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シリア語
ܣܘܪܝܝܐ
Suryāyā/Suryoyo
話される国 イラクシリアトルコレバノン
地域 中東
消滅時期 14世紀を最後に、日常語としては使われなくなる。
言語系統
表記体系 シリア文字
公的地位
公用語 なし
統制機関 なし
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-2 syc
ISO 639-3 syc
テンプレートを表示

(古典)シリア語シリアレバノントルコイラクを中心とする中東キリスト教徒によって用いられている典礼言語アフロ・アジア語族セム語派に属するアラム語の一種。

歴史[編集]

元来は1~2世紀頃のエデッサ(現トルコウルファ)辺りのアラム語方言とされているが、エデッサが初期のキリスト教の研究と布教の中心となりこの方言がキリスト教と結びついたため、文語としての地位を確立すると中東一帯で広く用いられるようになった。

しかし5世紀にいわゆるネストリウス派が分離してサーサーン朝ペルシア領内で活動するようになると、ローマ帝国領内のキリスト教徒との交流がなくなり、双方の言語に差異が生じた。ペルシア領内の言語は東シリア語、ローマ領内の言語は西シリア語と呼ばれる。

7世紀にこの地域がイスラームの支配を受けるようになると、シリア語はキリスト教徒のみが用いる言語になり、口語はアラビア語に取って代わられて衰退した。

現在は主にキリスト教会の典礼用語などとして用いられる。

文字[編集]

シリア文字が用いられるが、3つの異なる字体が存在する。東西分裂以前のシリア語ではエストランゲロ体という古形が用いられた。これは現在でも欧米の学術出版で用いられることがある。東シリア語はネストリウス体 (東方書体とも) を用い、西シリア語はセルトー体 (西方書体とも) を用いる。詳細はシリア文字を参照。

黙字(書いても読まない文字)が比較的多く、黙字を示すための記号がある。

音韻[編集]

母音[編集]

東西シリア語で母音体系は若干異なる。東シリア語の方が古い体系を保存しているとみなされている。

  • 東/a/ - 西/a/
  • 東/ā/ - 西/o/
  • 東/e/ - 西/e/
  • 東/ē/ - 西/i/,/e/
  • 東/i/ - 西/i/
  • 東/o/,/u/ - 西/u/

子音[編集]

破裂音(/b/,/g/,/d/,/k/,/p/,/t/)は母音の後で摩擦音になる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]