ゲオルク・オストロゴルスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ゲオルク・オストロゴスキー(Georg Ostrogorsky 1902年1月29日 - 1976年10月24日)は、ドイツユーゴスラビアで活躍したロシア生まれの歴史学者。専門はビザンツ(東ローマ)帝国史。フランスポール・ルメルルなどと共に20世紀屈指のビザンツ学者と言われている。

なお、名前は「ゲオルグ」と読まれる場合もあり、またもともとロシア生まれであるため、誕生時の名前はロシア語Георгий Александрович Острогорскийゲオルギー・アレクサンドロヴィチ・オストロゴルスキー)であったが、ここでは主に彼がドイツで活躍したためドイツ語読みのゲオルクを使用する。

生涯[編集]

1902年ロシア帝国首都サンクトペテルブルクに生まれる。オストロゴルスキー一家はロシア革命の時に革命から逃れてドイツへ移住した。ゲオルクはハイデルベルク大学パリ大学に学んで哲学博士号を取得。1928年にはブレスラウ大学助教授、1933年にはベオグラード大学の教授となる。

第二次世界大戦中の1940年、『ビザンツ帝国史』の初版を発刊。歴史だけでなくビザンツの文化や帝国の宗教であった正教会などを豊富な史料や文献を用いつつも簡潔にまとめた古典的名著とされ、欧米各国の言語に翻訳された。現在でも彼の『ビザンツ帝国史』はビザンツ帝国について学ぼうとするものにとって最も基本的な専門書の一つに挙げられている。

1948年、ユーゴスラビアのセルビア学士院ビザンツ研究所の初代所長に就任。また、各国のアカデミー会員にも推挙され、世界のビザンツ学界における重鎮指導者として活躍した。

1976年、ベオグラードで死去した。

主な著作[編集]

  • 『聖画論争』(1929年、原題:Studien zu Geschichte des byzantinischen Bilderstreites)
  • 『ビザンツ帝国史』(1940年、原題:Geschichte des Byzantinischen Staates)
     原著はドイツ語で、ビザンツ帝国通史の大著。今日でも、世界各国のビザンツ研究において基本文献とされ、日本語版は和田廣訳(日本ビザンツ学会代表・筑波大学名誉教授)で、2001年恒文社より出版されたが、現在は版元品切。
  • 『ビザンツ封建制』(1954年 原題:Pour I'histoire de la fèodalitè byzantine) 、原題はフランス語