ロマノス4世ディオゲネス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロマノス4世ディオゲネス(左)

ロマノス4世ディオゲネスギリシア語Ρωμανός Δ' Διογένης (Rōmanos IV Diogenēs)、? - 1072年)は、東ローマ帝国ドゥーカス王朝の第3代皇帝(在位:1068年 - 1071年)。

即位前はカッパドキアで将軍を務めていた。1067年コンスタンティノス10世ドゥーカスの死後、皇后エウドキア・マクレンボリティサが女帝として即位したが、国民や貴族層はセルジューク朝の侵攻により、強力な軍事政権の成立を望んでいた[要出典]。このため1068年、エウドキアはロマノスと結婚し、彼を皇帝として新たに即位させた。これがロマノス4世である。

即位後は北方から侵攻してきたペチェネグロシア人ノルマン人と和睦して彼らを傭兵として取り込み、軍備を増強したうえでセルジューク朝と会戦し、ある程度の戦果を得た[要出典]

1071年には自ら6万の兵を率いて親征した。兵力の少ないセルジューク朝は和議を望んでいたが、ロマノスはこれを拒否してマンズィケルト(マラズギルト)にてセルジューク軍と戦った。帝国軍は数こそ多かったものの傭兵の寄せ集めで練度が低く、味方の裏切りもあって大敗を喫し、ロマノスも捕虜となってしまった[要出典]。ローマ皇帝が捕虜となったのは、3世紀のウァレリアヌス以来のことであった。この敗戦で小アジアはトルコ人に占領され、後のオスマン帝国による東ローマ帝国滅亡の遠因となった[独自研究?]

一方、妻のエウドキアは夫が敗戦して捕虜となったことを知ると、夫を廃して前夫との間に生まれていた息子ミカエル7世ドゥーカスを新たに皇帝として即位させた。同年のうちにセルジューク朝から釈放されたロマノスは、ミカエル7世の皇位継承を認めず抵抗したが、捕らえられて盲目にされたうえで追放された。そして1072年、失意のうちに死去した。