コンスタンティノス・ラスカリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コンスタンティノス・ラスカリスギリシア語Κωνσταντίνος Λάσκαρης (Kōnstantinos Laskarēs), ? - 1211年頃?)は、東ローマ帝国アンゲロス王朝皇帝(別名「一夜皇帝」)。彼を「コンスタンティノス11世」とし、東ローマ帝国最後の皇帝を「コンスタンティノス12世」とする場合もある。

1204年、第4回十字軍に首都コンスタンティノポリスを攻められてアレクシオス5世ドゥーカスが逃亡した後、首都防衛に活躍したコンスタンティノスが皇帝として選出された。ただしこれは、皇帝の有力候補者に選ばれただけであるという説、もしくはくじ引きで選ばれたという説もある。また選出されてからわずか1日で、しかも正式な即位式を行わずに首都を追われて弟テオドロスと共に小アジアに逃亡したため、彼を東ローマ皇帝として認めていない史料も多い。

しかし、十字軍の猛攻の前に首都防衛は不可能な状況であったため、在位1日でコンスタンティノスは弟テオドロスと共に小アジアに逃走した。こうしてコンスタンティノポリスは占領され、ラテン帝国が建国された。アレクシオス5世は後に十字軍に捕らえられ、首都のテオドシウス記念塔で処刑された。亡命後のコンスタンティノスはテオドロスに権力を譲り、テオドロスはテオドロス1世ラスカリスとなって東ローマ帝国の後継王朝ニカイア帝国(ラスカリス朝)を樹立した。