ゼノン (東ローマ皇帝)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゼノンが印された硬貨

ゼノン(Zenon, 426年 - 491年4月9日)は、東ローマ帝国皇帝(在位:474年 - 491年)。アナトリア半島イサウリア地方の少数民族イサウリア人ドイツ語版ハンガリー語版オランダ語版の族長で、本名はタラシコデッサ

皇帝レオ1世の下で実権を握っていたゲルマン人のアスパル父子を倒した功績で、皇女アリアドネの婿となり、レオ1世の死後アリアドネとの息子レオ2世の後見役となるが、レオ2世が夭折したため自ら即位。即位間もない475年、反乱によってバシリスクスに帝位を追われるが、1年後には小アジアから軍勢を率いてコンスタンティノポリスへ攻め寄せ、帝位を奪回することに成功した。

その後も数々の謀反の陰謀などがあったにもかかわらず、皇位にあるまま生涯を終えることに成功した。ゼノンは民衆の信望も薄く、その治世は人気取りのためのばら撒き財政などに終始した。一説によるとゼノンは棺に納められた後に中で息を吹き返し、「許してくれ!」と三日間叫んだが、皆がゼノンを憎んでいたため無視してそのまま葬ったと言う[1]

ゼノンの時代にオドアケルによって西ローマ帝国は滅亡し、オドアケルから西方帝位を献上されたため、名目上ではゼノンが東西合わせた全ローマ帝国の皇帝となった。488年に東ゴート王のテオドリック大王にオドアケル討伐を命じた。テオドリックはオドアケルを倒したが、すでにゼノンは491年に死去していたため、その統治権を復する事が出来なかった。

脚注[編集]

  1. ^ ジョン・フリーリ著、長縄忠訳、鈴木董監修『イスタンブール―三つの顔をもつ帝都』2005年 NTT出版 P100より。なお、同書のP126によれば、後の皇帝ヘラクレイオスは、ゼノンのようになるのを恐れ、死後三日間は棺に封をしないよう遺言したという。