テオドラ (東ローマ女帝)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テオドラが印されたノミスマ金貨。左はイエス・キリスト

テオドラギリシア語Θεοδώρα (Theodōra)995年 - 1056年9月初頭)は、東ローマ帝国マケドニア王朝女帝(在位:1042年1055年 - 1056年)。コンスタンティノス8世の三女で、ゾエの妹に当たる。

ミカエル5世の追放後、姉のゾエと共に女帝として即位したが、わずか2ヵ月後に退位した。

1055年、コンスタンティノス9世モノマコスが病死した後、女帝として再び即位した。しかしその翌年の8月31日に病気になり、数日のうちに死去してしまった。テオドラには嗣子がなかったため、ここにマケドニア王朝の血筋は断絶した。死後、テオドラの遺言により、その養子で元老院議員であったミカエル6世ストラティオティコスが皇位に即位することとなった。