アナスタシウス1世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アナスタシウス1世

アナスタシウス1世(Anastasius I, 431年 - 518年7月9日)は、東ローマ帝国皇帝(在位:491年 - 518年)。

先帝ゼノンは後継者を指名せずして491年、死去した。このため、ゼノンの皇后アリアドネは枢密院警護長であったアナスタシウスと結婚することで、皇帝として選んだのである。

即位直後、アナスタシウス1世はイサウリア人の反乱を鎮圧するとともに、ブルガール人の侵攻を防いで帝国の防備を強化した。さらに、この頃になると帝国財政は破綻寸前にあったが、アナスタシウス1世は優れた経済政策を採用することで、財政再建を実現させるなど、その治世に多くの功績を残した。アナスタシウス1世の改革は後にユスティニアヌス1世の時代に東ローマ帝国が領土を回復するための原動力となったと言われる。

アナスタシウス1世は熱心なキリスト教徒であったが、単性論寄りであったためにカトリック教会と対立するなど、宗教政策においては苦難を極めた。また当時のコンスタンティノープル総主教も単性論寄りであったためにローマ教皇フェリクス3世によって破門され、これによって東西教会は分裂していくこととなる。そのため後世のキリスト教歴史家からの評価は極めて低い。518年、男児無くして88歳で没した。

後継者には元老院によって親衛隊からユスティヌスが選ばれた。