ヨハネス4世ラスカリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨハネス4世ラスカリス

ヨハネス4世ラスカリスギリシア語Ιωάννης Δ' Λάσκαρης (Iōannēs IV Laskarēs)1250年 - 1305年)は、ニカイア帝国の最後の皇帝1258年8月18日 - 1261年12月25日)。

1258年に父帝テオドロス2世が崩御すると、わずか8歳にして帝位に就くが、摂政ミカエル・パレオロゴスに実権を奪われた上に、共同皇帝の座に就かれた。1261年にミカエルがコンスタンティノポリス奪回を果たして、ローマ皇帝を宣言すると、やがてヨハネスは目を潰されてマルマラ海の城郭に幽閉された。1290年にミカエルの長男アンドロニコス・パレオロゴスを皇帝として承認したと記録されている。