ミカエル1世ランガベー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミカエル1世ランガベ
Μιχαήλ Αʹ ὁ Ραγγαβέ
Mikhaēl I ho Rangabe
東ローマ皇帝
Michael I (Byzantine Emperor).jpg
ミカエル1世の肖像が描かれた硬貨
在位 811年10月2日 - 813年7月11日
全名 ミカエル・ランガベ
死去 844年1月11日
配偶者 プロコピア(皇帝ニケフォロス1世の娘)
子女 テオフュラクトス
スタウラキオス
ニケタス(コンスタンティノープル総主教イグナティオス
ゲオルゴ
テオファノ
父親 テオフュラクトス・ランガベ
テンプレートを表示

ミカエル1世ランガベギリシア語Μιχαήλ Αʹ ὁ Ραγγαβέ, Mikhaēl I ho Rangabe, ? - 844年1月11日)は、東ローマ帝国皇帝(在位:811年10月2日 - 813年7月11日)。ニケフォロス1世の娘婿で、スタウラキオスの義弟。中世ギリシア語読みでは「ミハイル1世ランガヴェ」。東ローマ帝国で初の家門名(ランガベ)を持つ皇帝である(ギリシャ人古代より家族名をほとんど用いていなかった)。

8世紀後半にエーゲ海地区の艦隊司令官を務めていたテオフュラクトス・ランガベの息子。ニケフォロス1世の娘のプロコピアと結婚し、クーロパラテースの爵位を与えられていた。811年に義父のニケフォロス1世がブルガリアクルムの軍に敗れて戦死し、辛くも生き延びた義兄のスタウラキオスも瀕死の重傷を負っていたため、同年のうちに皇帝の座を譲られて即位することとなった。このとき、息子のテオフュラクトスを共同皇帝としている。

即位した時、クルムの軍は帝国領に侵入してきており、非常に危機的な状況にあった。そのためミカエル1世は政権基盤の強化のため、ニケフォロス1世と対立していたストゥディオス修道院長テオドロスらとの妥協や、皇帝称号をめぐって交渉が続いていたフランク王国との妥協を迫られた。そして812年800年ローマ教皇から「ローマ皇帝」[1]とされていたカール大帝の皇帝就任を承認している(単なるフランク族の皇帝としては認めたが、ローマ皇帝とは認めなかった)。

813年、ミカエル1世は軍を率いてクルムとベルシニキアで戦ったが、テマ・アナトリコン長官であったレオーン(のちの皇帝・レオーン5世)の非協力的態度もあって敗北した。その直後、ミカエル1世はレオーンへの譲位を余儀なくされた。彼は修道士となって余生を過ごしている。なお彼の息子のニケタスは去勢された上で修道士とされた。後にミカエル3世バシレイオス1世時代にコンスタンティノポリス総主教となるイグナティオスである。

脚注[編集]

  1. ^ これを「西ローマ皇帝」と表記する場合もあるが、ローマ教会側はエイレーネー女帝以降のコンスタンティノープルの皇帝をローマ皇帝として認めていたわけではなく、カールを唯一のローマ皇帝として戴冠していた。「ローマ教会もまた唯一の帝国という理念を抱き、決して第二の帝国を建設しようとしたのではなかった。それは古いビザンツ帝国に代わる新しい帝国の建設であった。教皇側は正統皇帝コンスタンディノス六世廃位以後、帝位は空白であると考えた。」(尚樹啓太郎『ビザンツ帝国史』1999年 東海大学出版会 P395)