マウリキウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マウリキウス(Mauricius, 539年602年)は、東ローマ帝国ユスティニアヌス王朝の第5代皇帝(在位:582年 - 602年)。

先帝ティベリウス2世に男児がいなかったため、その娘コンスタンティナの婿であったマウリキウスが582年、義父の死により即位することとなった。即位後は西のランゴバルド族の侵攻に対応するため、ラヴェンナとアフリカのカルタゴ総督府を設置した。また、サーサーン朝ペルシア帝国から亡命してきたホスロー2世英語版の復位を助け、ホスロー2世が復位を果たすとサーサーン朝と和睦を結ぶなど、対外政策に尽力した。

しかし、この頃になるとユスティニアヌス1世の時代より相次いで続く戦争による戦費のため、帝国財政が悪化の一途をたどっていた。このため、マウリキウスは国費削減のため、軍隊に必要な物資を現地で調達するよう命じ、これが軍隊の反発を招いた。さらに帝国に侵入するスラヴ人アヴァール人を討伐するためにドナウ川北岸での越冬作戦を命じたが、これに対してかねてから不満がたまっていた軍隊が下士官(百人隊長フォカスを担ぎ出して反乱を起こした。この反乱によってマウリキウスは皇位を追われ、息子たちが殺されるのを見せられた上で処刑されてしまった。