レオーン4世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レオーン4世(左)と息子コンスタンティノス6世(右)

レオーン4世“ハザロス”ギリシア語Λέων Δʹ ὁ Χάζαρος, Leōn IV ho Khazaros750年 - 780年9月8日)は、東ローマ帝国イサウリア王朝の第3代皇帝(在位:775年 - 780年)。同王朝第2代皇帝コンスタンティノス5世の子。「ハザロス」は母イレーネーハザールの出身だったためにちなむあだ名。

イコン破壊運動(イコノクラスム)に対して寛容な態度を取ったため、イコン破壊運動は鳴りを潜めた。780年、30歳という若さで死去。残された子供のコンスタンティノス6世が幼かったため、レオーンの皇后のエイレーネーが実権を掌握した。