チチャク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

チチャク(Tzitzak, 生没年不詳)は、東ローマ皇帝コンスタンティノス5世の皇后。ハザール・ハンのビハールの娘。「チチャク」とはトルコ語系の言葉で、「花」を意味する。

730年代半ば、レオーン3世により、ハザールとの同盟のためコンスタンティノスと結婚。結婚に際してキリスト教に改宗し、イレーネーと名乗った。彼女が結婚式でまとったガウンをまね、「チチャクのガウン」が東ローマ貴族の男性の間で流行した。

2人の間には、レオーン4世が生まれた。