ポーランド継承戦争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポーランド継承戦争
Siege of Danzig 1734.PNG
ダンツィヒ攻囲戦
戦争:ポーランド継承戦争
年月日1733年 - 1738年11月18日
1735年に停戦)
場所ポーランドドイツイタリア
結果アウグスト3世の即位、ウィーン条約
交戦勢力
Herb Rzeczypospolitej Obojga Narodow.svgスタニスワフ・レシチニスキ
 フランス
 スペイン
 サルデーニャ王国
Herb Rzeczypospolitej Obojga Narodow.svgフリードリヒ・アウグスト・フォン・ザクセン
 ロシア帝国
 ハプスブルク君主国
Flagge Königreich Sachsen (1815-1918).svgザクセン
 プロイセン王国
指揮官
Pavillon royal de France.svgベリック公ジェームズ・フィッツジェームズ
フランス王国ヴィラール公クロード・ド・ヴィラール
フランス王国フランソワ=マリー・ド・ブロイ
スペインパルマ公カルロ1世
サルデーニャ王国カルロ・エマヌエーレ3世
ロシア帝国ピョートル・ラシ
ハプスブルク君主国プリンツ・オイゲン
ハプスブルク君主国クロード・フロリモン・ド・メルシー
ポーランド継承戦争

ポーランド継承戦争(ポーランドけいしょうせんそう、ポーランド語:Wojna o sukcesję polską, ドイツ語:Polnischer Thronfolgekrieg, 1733年 - 1735年)は、ポーランド王国の王位継承をめぐって勃発した18世紀ヨーロッパ戦争

原因[編集]

1733年ポーランドアウグスト2世(兼ザクセン選帝侯フリードリヒ・アウグスト1世)が死去すると、ポーランド貴族(シュラフタ)出身のスタニスワフ・レシチニスキが王位を請求し、娘婿にあたるフランスルイ15世はこれを支持した。スタニスワフは大北方戦争中の1704年から1709年まで、スウェーデンによって傀儡のポーランド王として擁立されていた(スタニスワフ1世)。しかし、アウグスト2世の息子であるザクセン選帝侯フリードリヒ・アウグスト2世もまた王位を請求し、神聖ローマ皇帝カール6世ロシアアンナ女帝の支持を得ていた。

ポーランド議会(セイム)ではスタニスワフがシュラフタ多数の賛成を得て即位したが、一部の反対派はザクセン選帝侯をポーランド王アウグスト3世と宣言した。このため、ポーランドの内戦は関係国を巻き込んで戦争へと発展した。

経過[編集]

まずザクセン選帝侯を支持するロシア軍がポーランド領内になだれ込んだが、自前の兵力がないスタニスワフはロシア軍の攻勢に抗し得ず、1734年ダンツィヒが陥落するとフランスに亡命した。しかし、スペインサルデーニャ王国がフランス側で参戦したことによって、戦争はライン川流域とイタリア半島で継続した。スペインはかつてユトレヒト条約オーストリアに割譲したナポリシチリアの回復を求め、新興のサルデーニャ王国はオーストリアの勢力をロンバルディアから駆逐することを求めていた。1734年、スペイン軍はシチリアとナポリの占領に成功し、フランスはロレーヌフランツ・シュテファン(後の神聖ローマ皇帝フランツ1世)の領土を占領した。

和平[編集]

1735年にウィーン予備条約で領土再編が図られ、平和が回復した。スタニスワフはそれまでの王号を認められるが、以後ポーランド王位は放棄し、ロレーヌ公国バール公国を補償として与えられた。これらの領土はスタニスワフ1代限りで、その死後はフランス王に返還することが定められた。領土を奪われたロレーヌ公フランツ・シュテファンはメディチ家の最後の君主ジャン・ガストーネの没後にトスカーナ大公国を与えられることが約束され、1737年にトスカーナ大公に即位した。スペインはナポリとシチリアを獲得し、代償としてパルマ公国をオーストリアに割譲した。オーストリアのロンバルディア地方領有は認められ、サルデーニャは特に得るところはなかった。この予備条約は長い交渉ののち1738年に調印された。

イギリスの不参加[編集]

17世紀のウィリアム3世以来、反仏政策を推進し、欧州での戦争があるたびに介入・参戦してきたイギリスであったが、この時期はロバート・ウォルポール首相が「国民的重商主義」の見地から平和政策を進めていたため、この戦争には参加しなかった[1][注釈 1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ これを「ウォルポールの平和」と呼んでいる。なお、ウォルポールは王后に対し、ヨーロッパでは5万の兵の生命が奪われたのに対し、イギリスはひとりも死んでいないと報告している。大野(1975)p.469

出典[編集]

  1. ^ 大野(1975)pp.468-469

参考文献[編集]