モリーゼ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モリーゼ州
Regione Molise
モリーゼ州の州旗 モリーゼ州の紋章
モリーゼ州の州旗 モリーゼ州の紋章
Molise in Italy.svg
イタリアの旗 イタリア
地域 イタリア南部
州都 カンポバッソ
面積 4,438 km²
人口 319,780 [1]2011-01-01
人口密度 72.1 人/km2
カンポバッソイゼルニア
コムーネ 136 (一覧
公式サイト [1]

モリーゼ州Molise)は、イタリア共和国南部の州。州都はカンポバッソ

モリーゼ州は2つの県に分けられ、約30万人の人口を有する。面積・人口の点で、ヴァッレ・ダオスタ州に次いでイタリアで2番目に小さな州である。

名称[編集]

イタリア語: Molise は、/moˈliːze/ と発音される。

標準イタリア語以外では以下の名称を持つ。

地理[編集]

位置・広がり[編集]

イタリア半島の中ほどに位置する州で、東海岸(アドリア海)に面している。

州都カンポバッソは州南部の内陸に位置し、ナポリから北北東へ約86km、ペスカーラから南南東へ約107km、首都ローマから東南東へ約187km、バーリから西北西へ約191kmの距離にある。

州の面積は 4,438 km2 であり、ヴァッレ・ダオスタ州に次いでイタリアでは2番目に小さな州である。

隣接する州は以下の通り。

主要な都市[編集]

人口7000人以上のコムーネは以下の通り。人口は2011年1月1日現在[1]

カンポバッソ 
テルモリ 
イゼルニア 

歴史[編集]

1963年、アブルッツィ・エ・モリーゼ州 (Abruzzi e Moliseを分割し、アブルッツォ州とモリーゼ州を置くことが決定する。モリーゼ州が実際に自治体として発足したのは、1970年のことである。イタリア20州のうち、最も新しい州である。1970年にはカンポバッソ県からイゼルニア県が分割された。

行政区画[編集]

モリーゼ州と各県

モリーゼ州は、以下の2県からなる。

左端の数字はISTATコード、アルファベット2文字は県名略記号を示す。人口は2011年1月1日現在[1]。面積の単位はkm²。

県名 綴り 県都 面積 人口
070 CB カンポバッソ県 Campobasso カンポバッソ 2,909 231,086
094 IS イゼルニア県 Isernia イゼルニア 1,529 88,694

経済・産業[編集]

農業分野では中小・零細規模の経営を含めて、高い品質の生産物を提供している。農業生産品としてはワイン穀物オリーブ油野菜果物乳製品がある。伝統的な農産品としては、豆の一種であるグラスピー(cicerchia)や、小麦の一種であるファッロ(Farro)がある。モリーゼ州原産のブドウ品種としてティンティリア(Tintilia)がある。

テルモリにはフィアット社の大規模な工場があるが、州の産業分野で支配的なのは、州各地に広く散在する中小規模の建設業である。重要な産業分野としてはほかに食品加工業が挙げられ、パスタ食肉乳製品食用油ワインが州の伝統的な産品である。サービス業部門では流通業、ホテル業、ケータリング業が大きな役割を占め、運輸通信業、銀行保険業がこれに続く。わずかな例外を除けば、あらゆる産業部門で総じて企業規模は小さく、全国規模での州産品販売を困難なものとしている[2]

2002年に発生したモリーゼ地震 (2002 Molise earthquakeの後、州の一部自治体を対象として、耐震性を高めるための建築・補修に州予算による補助を行う政策がとられることとなった。この政策の受益者の例としてはテルモリの近くのラリーノが挙げられる。ラリーノでは慎重な調査によって市街の歴史的な色彩を回復する政策がとられ、家屋には淡いパステルカラーの色彩が施されて美しい都市へと景観を変じている。ラリーノは観光業の中心地となり、また世界各国に流出した人々が歴史的中心街に戻って居住する動きも見られた。

北に隣接するアブルッツォ州ペスカーラアブルッツォ空港英語版)に、他のヨーロッパ諸国や北米からの航空便が到着するために、国際的な観光は増加している。観光客は、手つかずのビーチや、比較的に混雑の少ない状況、穏やかな暮らし方に関心を楽しんでいる。

文化[編集]

言語・民族[編集]

モリーゼ州には、多くのクロアチア人 (en:Molise Croats) とアルバニア人 (en:Arbëreshë people) が居住している。

2006年の国立統計研究所(ISTAT)の統計によれば、6歳以上の住民の家庭内での会話における言語状況は以下の通り[3]。イタリア語(Italiano)、地方言語(Dialetto)、他の言語(Altra lingua)についてのデータで、左列が全国平均、右列がモリーゼ州の数値である。

家庭内の会話における使用言語 全国
イタリア語のみ、あるいは主にイタリア語 45.5% 31.6%
地方言語のみ、あるいは主に地方言語 16.0% 24.2%
イタリア語と地方言語の双方 32.5% 42.3%
他の言語 5.1% 1.1%

スポーツ[編集]

サッカー[編集]

州内に本拠を置くプロサッカークラブとしては以下がある。所属リーグは2012-13シーズン現在。

5部リーグ(アマチュア最上位リーグ)のセリエDでは、エミリア=ロマーニャ州マルケ州アブルッツォ州のチームとともにジローネFに属する。モリーゼ州の地方リーグ(6部リーグ)として、エッチェッレンツァ・モリーゼ (it:Eccellenza Moliseがある。

人物[編集]

著名な出身者[編集]

ゆかりの人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 国立統計研究所(ISTAT). “Total Resident Population on 1st January 2011 by sex and marital status” (英語). 2012年11月17日閲覧。
  2. ^ Eurostat”. Circa.europa.eu. 2009年5月5日閲覧。
  3. ^ 国立統計研究所(ISTAT). “La lingua italiana, i dialetti e le lingue stranieri (pdf)” (イタリア語). p. 5. 2012年12月10日閲覧。

外部リンク[編集]

執筆の途中です この「モリーゼ州」は、イタリアの地理関連の書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などして下さる協力者を求めています。(PJイタリア/P:イタリア