神殿の谷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界遺産 アグリジェントの
考古的地域
イタリア
コンコルディア神殿
コンコルディア神殿
英名 Archaeological Area of Agrigento
仏名 Zone archéologique d’Agrigente
面積 934 ha
(緩衝地域 1869 ha)
登録区分 文化遺産
登録基準 (1), (2), (3), (4)
登録年 1997年
公式サイト ユネスコ本部(英語)
使用方法表示

座標: 北緯37度17分26.14秒 東経13度35分07.71秒 / 北緯37.2905944度 東経13.5854750度 / 37.2905944; 13.5854750

カストル・ポリュデウケス神殿の遺跡

神殿の谷(Valle dei Templi)は、シチリア島南部アグリジェントに残る考古遺跡である。マグナ・グラエキアの芸術と建築に関する最高傑作の部類に属する遺跡群で、シチリア島の観光名所というだけでなく、イタリアの国定史跡にもなっている。1997年には、ユネスコ世界遺産リストに登録された。

神殿の発掘や修復の大部分は、考古学者ドメニコ・アントニオ・ロ・ファゾ・ピエトラザンタDomenico Antonio Lo Faso Pietrasanta, 1783年-1863年)の尽力によるものである。彼はセラディファルコSerradifalco)の公爵(1809年-1812年)だったことがあるため、「セラディファルコ」という名でも知られている。

「神殿の谷」と呼ばれるけれども、「」という語は不正確で、アグリジェント郊外の尾根に存在している。

概要[編集]

神殿の谷には7つの神殿遺跡があるが、全てドーリア式である。神殿の名前の同定はオリンペイオンとは隔たっているが、これは単なるルネサンス以降に慣例的に成立したものである。その神殿とは以下のものである。

ユーノー神殿

紀元前5世紀に建てられ、紀元前406年にカルタゴ人たちが火を放った。普段は結婚の祝宴に使われていた。

コンコルディア神殿

その名前は近隣で発見されたラテン語の碑文に由来している。紀元前5世紀に建てられ、紀元6世紀にキリスト教聖堂に転用された。このため、一連の神殿の中では保存状態が良好である。

ヘラクレス神殿

ヘラクレスは古代アグリジェント(当時の呼称はアクラガス)で特に崇敬された神の一柱であり、この神殿は谷では一番古い。地震で崩壊してしまったため、今日では8本の円柱が残るのみである。

ゼウス・オリンピア神殿

紀元前480年にこの都市国家カルタゴに勝利したことを記念して建造された。大きなサイズのアトラスatlases)を使っていることが特色である。

カストルポリュデウケス神殿

その遺跡には4本の柱が残るだけだが、現在は近代アグリジェントの象徴になっている。

ウルカヌス神殿

紀元前5世紀に建てられた神殿で、かつてはこの谷で最も荘厳な神殿だったと考えられているが、現在では時の流れと自然現象とで、最も損壊した神殿となっている。

アスクレピオス神殿

古代の市壁からは遠く離れたところに建っており、病気からの快癒を求める巡礼者たちの目的地であった。

谷には「テロン(Theron)の墓」と呼ばれるピラミッド型の大きな凝灰岩の記念建造物がある。学者たちは、第二次カルタゴ戦争で犠牲になったローマ人たちを称えて建てられたものだろうと考えている。

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (1) 人類の創造的才能を表現する傑作。
  • (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
  • (3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。

Icon of Sekaiisan.svg Icon of Sekaiisan.svg イタリアの世界遺産
World Heritage Sites in Italian Republic

文化遺産
ヴァルカモニカの岩絵群 | ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂(バチカン市国と共有) | レオナルド・ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』があるサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会とドメニコ会修道院 | フィレンツェ歴史地区 | ヴェネツィアとその潟 | ピサのドゥオモ広場 | サン・ジミニャーノ歴史地区 | マテーラの洞窟住居と岩窟教会公園 | ヴィチェンツァ市街とヴェネト地方のパッラーディオのヴィッラ | シエーナ歴史地区 | ナポリ歴史地区 | クレスピ・ダッダ | フェラーラ:ルネサンス期の市街ポー川デルタ地帯 | デル・モンテ城 | アルベロベッロのトルッリ | ラヴェンナの初期キリスト教建築物群 | ピエンツァ市街の歴史地区 | カゼルタ18世紀の王宮と公園ヴァンヴィテッリの水道橋サン・レウチョの邸宅群 | サヴォイア王家の王宮群 | パドヴァの植物園(オルト・ボタニコ) | ポルトヴェーネレチンクエ・テッレと小島群(パルマリア島ティーノ島ティネット島) | モデナの大聖堂トッレ・チヴィカグランデ広場 | ポンペイ、ヘルクラネウム及びトッレ・アンヌンツィアータの遺跡地域 | アマルフィ海岸 | アグリジェントの考古的地域 | ヴィッラ・ロマーナ・デル・カサーレ | スー・ヌラージ・ディ・バルーミニ | アクイレイアの遺跡地域と総大司教座聖堂のバシリカ | ウルビーノ歴史地区 | パエストゥムヴェーリアの考古遺跡群やパドゥーラのカルトゥジオ修道院を含むチレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園 | ヴィッラ・アドリアーナ (ティヴォリ) | ヴェローナ市街 | アッシジ、フランチェスコ聖堂と関連修道施設群 | ティヴォリのエステ家別荘 | ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々 | ピエモンテ州とロンバルディア州のサクリ・モンティ | ヴァル・ドルチャ | チェルヴェーテリとタルクイーニアのエトルリア墓地遺跡群 | シラクサパンターリカの岩壁墓地遺跡 | ジェノヴァのレ・ストラーデ・ヌオーヴェとパラッツィ・デイ・ロッリ制度 | レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観(スイスと共有)| マントヴァとサッビオネータ | イタリアのロンゴバルド族:権勢の足跡 (568-774年) | アルプス山脈周辺の先史時代の杭上住居群(ほか5か国と共有)
自然遺産
エオリア諸島 | ドロミーティ| サン・ジョルジョ山(スイスと共有)| エトナ山
世界遺産 | ヨーロッパの世界遺産 | イタリアの世界遺産 | 五十音順 | [編集]
Commons-logo.svg ウィキメディア・コモンズに、イタリアの世界遺産に関連するカテゴリーがあります。