スフォルツァ家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スフォルツァ家の紋章

スフォルツァ家(Sforza)は、15世紀16世紀イタリアにおいてミラノなどを支配した家である。傭兵隊長上がり、と侮られることもあったが、宮廷に学者や芸術家を集め、学芸を保護し、ルネサンスパトロンとして知られる。フランスの侵攻により、ミラノを追われる。(イタリア戦争の項を参照)その後、ハプスブルク家の支援を受け、イル・モーロの子が一時ミラノ公を継ぐ。名のスフォルツァとはフランチェスコの父であるムツィオ・アッテンドロの呼び名で、強制的な人物を意味する。

主な人物[編集]

傭兵隊長としてミラノ公・ヴィスコンティ家に仕える。主家の娘と結婚し、1450年ミラノ公となる。
1494年、ミラノ公になる。イル・モーロとは「ムーア人(ベルベル人)」の意であり、色黒だったことから付いた渾名。レオナルド・ダ・ヴィンチを宮廷に招いたことでも知られる。1499年フランス軍の侵攻では、1500年ノヴァーラの裏切りドイツ語版英語版で捕虜となり投獄され、1508年に獄死。
  • イル・モーロの子、マッシミリアーノ(1493年 - 1530年)が1512年にミラノ公を継ぐが1515年フランス軍により追放される。

系図[編集]

 
ムツィオ・アッテンドロ
(1369-1424)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フランチェスコ1世
 
ビアンカ・マリーア・ヴィスコンティ
 
 
 
 
 
アレッサンドロ
(1409-1473)
ペーザロ領主
 
 
 
 
コスタンツァ・ダ・ヴァラーノ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ガレアッツォ・マリーア
 
ルドヴィーコ
イル・モーロ
 
 
 
 
 
ジネヴラ
=サンテ・ベンティヴォグリオ
 
コスタンツォ
(1447-1483)
ペーザロ領主
 
バティスタ
=ウルビーノ公フェデリーコ・ダ・モンテフェルトロ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジャン・ガレアッツォ
 
マッシミリアーノ
 
フランチェスコ2世
 
ルクレツィア・ボルジア
 
ジョヴァンニ
(1466-1510)
ペーザロ領主
 
ジネヴラ・ティエポロ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フランチェスコ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コスタンツォ