ジャン・ガレアッツォ・スフォルツァ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャン・ガレアッツォの肖像。レオナルド・ダ・ヴィンチ

ジャン・ガレアッツォ・マリーア・スフォルツァ(Gian Galeazzo Maria Sforza, 1469年6月20日 - 1494年10月22日)は、ミラノ公(在位:1476年 - 1494年)。

ガレアッツォ・マリーア・スフォルツァと2番目の妻ボナ・ディ・サヴォイアの長男として、アッビアテグラッソで生まれた。神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世の皇后ビアンカ・マリアは妹。7歳の時、父が暗殺されたため、ミラノ公となった。叔父ルドヴィーコが摂政となり、実権を握っていた。

イザベラ・ダラゴナナポリアルフォンソ2世の娘)と結婚。フランチェスコ(1491年 - 1512年)、イッポーリタ・マリーア(1493年 - 1501年)、ボナ(1494年 - 1557年、ポーランド王妃)の3子をもうけた。

1494年、パヴィアで死去。

先代:
ガレアッツォ・マリーア
ミラノ公
1476年 - 1494年
次代:
ルドヴィーコ