チェント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チェント
Cento
チェントの風景
Palazzo del Governatore
行政
イタリア国旗 イタリア
Regione-Emilia-Romagna-Stemma.svg エミリア=ロマーニャ
Blank.png フェラーラ
CAP(郵便番号) 44042
市外局番 051
ISTATコード 038004
識別コード C469
分離集落
隣接コムーネ #隣接コムーネ参照
公式サイト リンク
人口
人口 34,715 [1](2012-01-01)
人口密度 536.0 人/km2
文化
住民の呼称 centesi
守護聖人 San Biagio Vescovo e Martire
祝祭日 2月3日
地理
座標 北緯44度44分0秒 東経11度17分0秒 / 北緯44.73333度 東経11.28333度 / 44.73333; 11.28333座標: 北緯44度44分0秒 東経11度17分0秒 / 北緯44.73333度 東経11.28333度 / 44.73333; 11.28333
標高 15 (12 - 17) [2] m
面積 64.77 [3] km2
チェントの位置(イタリア内)
チェント
チェントの位置
フェラーラ県におけるコムーネの領域
フェラーラ県におけるコムーネの領域
Flag of Italy.svg ポータル イタリア
テンプレートを表示

チェントイタリア語: Cento)は、イタリア共和国エミリア=ロマーニャ州フェラーラ県にある、人口約3万5000人の基礎自治体コムーネ)。県内第2位の人口を持つコムーネである。

名称[編集]

地元の言葉では以下のように呼ばれる。

地理[編集]

位置・広がり[編集]

フェラーラ県の西端に位置する。県都フェラーラから南西へ約29km、州都ボローニャから北北西へ約26km、モデナから北東へ約30kmの距離にある。

隣接コムーネ[編集]

隣接するコムーネは以下の通り。MOはモデナ県、BOはボローニャ県を示す。

フェラーラ県概略図

歴史[編集]

チェントの地名は、ローマ時代のポー平原のケントゥリアティオ (Centuriationに関連付けられる。チェントは湿地帯の小さな漁村であったが、第二千年紀に入ってから農業の町として急速な発展を見せた。

12世紀、ボローニャ司教ノナントラ修道院長は、Partecipanza Agraria と呼ばれる組織を設立した。組織の土地は、設立に携わった人々の男の子孫が20年ごとに再配分し、その家門が永続的に土地を所有できるようになっていた。

1502年、教皇アレクサンデル6世はこの土地をボローニャ司教から奪い、娘のルクレツィア・ボルジア婚資としてフェラーラ公アルフォンソ1世・デステに譲渡した。この土地は、1598年に教皇領に戻っている。

行政[編集]

分離集落[編集]

チェントには以下の分離集落(フラツィオーネ)がある。

  • Renazzo, Corporeno, XII Morelli, Alberone, Casumaro, Reno Centese, Buonacompra

人口推移[編集]

人物[編集]

著名な出身者[編集]

ゆかりの人物[編集]

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

執筆の途中です この「チェント」は、イタリアコムーネ書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などして下さる協力者を求めています。- Portal:イタリア / プロジェクト:イタリア