ピピンの寄進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピピンの寄進の様子

ピピンの寄進とは、フランク王であるピピン3世がローマ教皇にランゴバルド王国を倒して獲得したラヴェンナ地方を寄進した出来事である。

751年当時、ランゴバルド王国アイストゥルフ英語版の治世の下、ラヴェンナ総督領英語版を支配していた。ラヴェンナ総督領はビザンツ帝国イタリア統治の中心であり、領内を管轄する総主教ローマ教皇からは独立しビザンツ皇帝の支配下にあった。ピピンは王位に就くためローマ教皇の支援を求め、サン=ドニ大修道院長に教皇との面会を求めた。教皇は彼に王権を認める代わりに、ランゴバルド人を打ち破ることを要求した。スポレート公とランゴバルド王はローマの支配権を脅かし、アイストゥルフは有能な外交官でもある教皇ザカリアスに貢物を求めていた。ピピンはザカリアスによってソワソン戴冠を受けてピピン3世となり、ザカリアルの跡を継いだローマ教皇ステファヌス3世はローマ教皇誕生以来初めてアルプスを越え、ピピン3世とケルジー英語版で面会した。

754年7月28日、ステファヌス3世はピピン3世と2人の息子(カールマンシャルルマーニュ)をサン=ドニ大聖堂で聖別した。これはフランス革命が起こりアンシャン・レジームが終わるまではフランス王の戴冠式とされていた。

756年、ピピン3世はその見返りに最後のランゴバルド王を打ち倒し、教皇にラヴェンナ地方を寄進した。

ピピン3世は756年にもローマで寄進を行い、彼の子のカール大帝774年に寄進を行った。

外部リンク[編集]