プロシュット・ディ・パルマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Prosciutto di Parma DOP
原産地: イタリア
区分: 肉製品
生産地域: パルマ県エミリア街道より5kmまで南で標高900mまでで、東はエンツァ川、西はスティローネ川までの生産区域
DOP/IGP承認: Reg. CE n.1107/96
保護協会: Consorzio. prosciutto di Parma
プロシュット・ディ・パルマ
プロシュット・ディ・パルマの薄切り

プロシュット・ディ・パルマ(イタリア語 Prosciutto di Parma)は別名「パルマハム」とも呼ばれる、イタリアパルマ近郊で作られているプロシュットで、生ハムの一種である。金華火腿ハモン・セラーノと並んで世界三大ハムの一つに数えられる。

DOP(保護指定原産地表示)の一つとなっており、産地保証による品質管理のため、この名称を使用する条件は厳しく運用されている。

世界中で食べられているパルマハムのほとんどは、パルマ市内から車で数十分のところにあるランギラーノという横400M×長さ2KMの地区で作られており、大小を含め200ほどの生ハム工場がある。

日本においても2006年10月に、パルマハム協会が特許庁に地域団体商標「PROSCIUTTO DI PARMA(ぷろっしゅっと・でぃ・ぱるま)」として出願し、登録査定された。

参照[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]