宮崎牛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

宮崎牛(みやざきうし、みやざきぎゅう)とは、宮崎県内で生産肥育された黒毛和種和牛のうち、日本食肉格付協会格付けにおいて肉質等級4等級以上の牛肉のこと。地域ブランドの1つ。地域団体商標に登録済み。

概要[編集]

宮崎県ではかねてから肉用牛の子牛(「素牛」と言う)の生産が盛んであり、2007年平成19年)には子牛の出荷頭数7万3797頭のうち46.6%を宮崎県外に出荷している。雌の子牛の出荷先は1位が三重県、2位が東京都、3位が佐賀県であり、これらの地で銘柄牛肉の素牛となっている[1]

1971年昭和46年)からは素牛を宮崎県内でそのまま肥育して食肉処理までするシステム構築が開始され、1986年(昭和61年)からは一定の基準を満たした牛肉を「宮崎牛」としてブランド化するようになった。

定義[編集]

以下の全ての条件を満たした牛肉が宮崎牛と呼称される[2]


歩留等級
A B C
肉質等級 5 宮崎牛
4
3
2
1

沿革[編集]

その他の宮崎県産銘柄牛[編集]


歩留等級
A B C
肉質等級 5 高千穂牛
4
3
2
1

歩留等級
A B C
肉質等級 5 宮崎牛
4
3 宮崎和牛
2
1


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 世界に誇る宮崎牛(肉用牛)(みやざきひむか学ネット)
  2. ^ 宮崎牛(財団法人日本食肉消費総合センター「銘柄牛肉検索システム」)
  3. ^ 宮崎の牛JA宮崎経済連
  4. ^ a b c d e 国産牛肉産地ブランド化に関する優良事例調査報告Ⅱ(財団法人日本食肉消費総合センター)
  5. ^ 宮崎牛表示販売取扱要領(より良き宮崎牛づくり対策協議会)
  6. ^ ““和牛五輪”で宮崎牛が7冠 松阪牛も佐賀牛も「かかってこい!」東国原知事「売りやすくなった」”. 西日本新聞. (2009年6月20日). http://www.nishinippon.co.jp/nnp/local/miyazaki/higashi/20080127/20080127_001.shtml 2009年6月20日閲覧。 
  7. ^ “宮崎牛などで世界最大バーガー…ギネス更新136.2キロ”. 読売新聞 . (2009年7月5日). http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090705-OYT1T00190.htm?from=main6 2009年7月5日閲覧。 [リンク切れ]
  8. ^ a b “宮崎牛の米輸出を再開 宮崎”. 朝日新聞. (2012年9月4日). http://www.asahi.com/international/jinmin/TKY201209040316.html 2012年9月9日閲覧。 
  9. ^ “宮崎牛、米国へ輸出再開 都城で出発式”. 読売新聞. (2012年9月4日). http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/miyazaki/news/20120903-OYT8T01334.htm 2012年9月9日閲覧。 
  10. ^ a b ““号外 宮崎牛連続日本一”. 宮崎日日新聞. (2012年10月29日). http://www.the-miyanichi.co.jp/special/breakingNewsRemote/data/1351506729.pdf 2012年10月29日閲覧。 
  11. ^ 宮崎日日新聞、2012年12月29日朝刊15面
  12. ^ JSL - プレスリリース - 2013年1月8日 第12184号:国際線ファーストクラスで宮崎牛を提供
  13. ^ 日本一!高千穂牛ホームページへようこそ!(高千穂町)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]