田子の浦港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
田子の浦港の空中写真(1988年)
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

田子の浦港(たごのうらこう)は、静岡県富士市にある港湾法上の重要港湾港則法上の特定港に指定されている。

概要[編集]

富士市の中心より少し東に位置する。鉄道駅では吉原駅に近く、東海道本線が田子の浦港に架かる橋(沼川橋)を通る。田子江川潤井川小潤井川和田川沼川が流入している。港の周辺は、古くから製紙の町として発展してきた富士市ということもあって日本製紙王子製紙三島製紙などの製紙工場が多く、その他 倉庫(埠頭倉庫)、運輸業、食品加工工場(日本食品化工など)も集中する。南側には石油埠頭があり、ジャパンエナジー新日本石油出光興産などの油槽所がある。西側には周辺で最大の旭化成の工場がある。東側寄りには貯木場もある。

この港を作る前は砂浜海岸であり、発着がしにくいため鹿島港苫小牧港富山新港などとともに堀込式港湾になっていることで知られる。現在も、定期的に浚渫工事が行われている。しかしながら、田子の浦港に入港する外航船外国貨物を運ぶ船舶)は、主にの原料となるチップや コーンスターチの原料となるトウモロコシなどのバルカーがあり、これらはパナマックス級であることが多いが、このクラスの船に貨物が満載の状態や潮の干満を考慮しないと船底を擦ってしまって入ってこられなかったり、もしくは接岸できなかったりするなど、港湾の使い勝手としては良好とは言えないのが現状である。

埠頭[編集]

  • 中央埠頭
    • 中央2号岸壁が2011年2月19日に全面供用開始された。
  • 吉原埠頭
  • 富士埠頭
  • 鈴川埠頭

貿易額輸出入額合計[編集]

  • 2008年
633億9700万円(輸出額 151億6300万円、輸入額 482億3400万円)[1]
  • 2009年
423億1100万円(輸出額 121億1735万円、輸入額 301億9406万円)

主な取扱品目[編集]

ほか

管轄[編集]

  • 港湾 - 静岡県田子の浦港管理事務所 (富士市鈴川町2-1)
  • 税関 - 名古屋税関清水税関支署田子の浦出張所 (富士市鈴川町1-2 田子の浦港合同庁舎)
  • 検疫所 - 名古屋検疫所清水検疫所支所 (静岡市清水区日の出町9-1 清水港湾合同庁舎)
  • 植物防疫所 - 名古屋植物防疫所清水支所 (静岡市清水区日の出町9-1 清水港湾合同庁舎)

交通[編集]

一般道[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 田子の浦港 平成21年の輸出入額 前年実績大幅に下回る(富士ニュース)2010/07/19

関連項目[編集]

外部リンク[編集]