大分港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大分港
所在地
日本の旗 日本
所在地 大分県大分市
詳細
開港 1882年[1]
管理者 大分県
種類 重要港湾
面積 39.65 km²
埠頭数 69[2]
重要港湾指定 1951年(昭和26年)1月26日
水路深度 14メートル (46 ft)
統計
統計年度 2008年[3]
発着数 38,934隻
貨物取扱量 減少61,645,439トン
コンテナ数 2,986
旅客数 減少667,808人
主要輸出品 鋼材、非金属鉱物
主要輸入品 鉄鉱石、石炭
鉄道輸送 157,486トン
公式サイト 大分の港 - 大分県
西大分港フェリーターミナル

大分港(おおいたこう)は、大分県大分市にある港湾である。港湾管理者は大分県。港湾法上の重要港湾港則法上の特定港に指定されている。

歴史[編集]

  • 1880年(明治13年) - 大分港築造を計画。
  • 1882年(明治15年) - かんたん港(大分港の前身)完成。
  • 1915年(大正4年) - 大分港(現在の西大分地区)完成[4]
  • 1927年(昭和2年) - 第二種重要港湾に指定される[4]
  • 1951年(昭和26年) - 港湾法に基づく重要港湾に指定される。
  • 1955年(昭和30年) - 出入国管理令に基づく出入国港に指定される。
  • 1959年(昭和34年) - 旧大分港、鶴崎港、坂の市港が合併[5]
  • 1965年(昭和40年) - 関税法に基づく開港に指定される。
  • 1967年(昭和42年) - 港則法に基づく特定港に指定される。
  • 1972年(昭和47年) - 植物防疫法に基づく植物防疫港、検疫法に基づく検疫港に指定される。
  • 1996年(平成8年) - 大在コンテナーターミナル供用開始。

主な施設[編集]

西大分地区から大在地区・日吉原地区までの広域にわたる。

西大分地区[編集]

  • 1号岸壁 - 水深:-4.5m、延長:295m、バース数:5
  • 2号岸壁 - 水深:-7.3m、延長:245m、バース数:2
  • 3号岸壁 - 水深:-6.0m、延長:45m、バース数:1
  • 4号岸壁 - 水深:-6.0m、延長:160m、バース数:2
  • 物揚場 - 水深:-3.0m、延長:358m
  • 桟橋 - 水深:-6.0m、延長:80mx2、バース数:2[2]

古くからの物流拠点であり、かつては国鉄大分港臨港線も通っていたが、大分臨海工業地帯の開発に伴って物流拠点は東部に移動。2003年からは、港湾環境整備事業により、かんたん港園等が整備されている[6]

住吉地区[編集]

  • 1号岸壁 - 水深:-10.0m、延長:370m、バース数:5
  • 2号岸壁 - 水深:-6.0m、延長:469m、バース数:5
  • 3号岸壁 - 水深:-5.0m、延長:70m、バース数:1
  • 4号岸壁 - 水深:-4.5m、延長:570m、バース数:7
  • 4号岸壁 - 水深:-6.0m、延長:105m、バース数:1
  • 物揚場 - 水深:-1.0~2.0m、延長:536m[2]

津留地区[編集]

  • 物揚場 - 水深:-1.0~2.0m、延長:90m[2]

乙津地区[編集]

  • 1号岸壁 - 水深:-7.5m、延長:390m、バース数:3
  • 2号岸壁 - 水深:-5.5m、延長:180m、バース数:2
  • 物揚場 - 水深:-2.0m、延長:75m
  • 浮桟橋 - 水深:-2.0m、延長:100m[2]

鶴崎地区[編集]

  • 西岸壁
    • 水深:-4.5m、延長:240m、バース数:4
    • 水深:-5.5m、延長:280m、バース数:2
  • 東岸壁 - 水深:-4.5m、延長:480m、バース数:8
  • 物揚場 - 水深:-2.0m、延長:555m[2]

大在地区[編集]

  • -4.5岸壁 - 水深:-4.5m、延長:120m、バース数:2
  • -5.5岸壁 - 水深:-5.5m、延長:560m、バース数:6
  • -7.5岸壁 - 水深:-7.5m、延長:680m、バース数:5
  • -10.0岸壁 - 水深:-10.0m、延長:355m、バース数:2
  • -12.0岸壁 - 水深:-12.0m、延長:240m、バース数:1
  • -14.0岸壁 - 水深:-14.0m、延長:280m、バース数:1
  • 物揚場 - 水深:-2.0m、延長:100m
  • 物揚場 - 水深:-4.0m、延長:530m
  • 浮桟橋 - 水深:-2.0m、延長:476m[2]

日吉原地区[編集]

  • -5.5岸壁 - 水深:-5.5m、延長:270m、バース数:3
  • -7.5岸壁 - 水深:-7.5m、延長:260m、バース数:2
  • 物揚場 - 水深:-2.0m、延長:350m
  • 浮桟橋 - 水深:-2.0m、延長:1,879m[2]

定期航路[編集]

西大分港フェリーターミナル(西大分地区)[編集]

大在コンテナターミナル(大在地区)[編集]

過去の定期航路[編集]

西大分港フェリーターミナル(西大分地区)[編集]

大分ホーバーターミナル(津留地区)[編集]

(大分川河口)

乙津地区[編集]

大在コンテナターミナル(大在地区)[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 大分港振興協議会
  2. ^ a b c d e f g h 大分港の公共施設の概要 - 大分商工会議所
  3. ^ 統計年鑑(平成21年版) - 大分市
  4. ^ a b 大分港 かんたん港から大型泊地への歩み 大分歴史事典
  5. ^ 大分港 - 国土交通省九州地方整備局別府港湾・空港整備事務所
  6. ^ トピックス 生まれ変わる「港」 大分県

外部リンク[編集]