ルイジ・ディ・ビアジョ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルイジ・ディ・ビアジョ Football pictogram.svg
Luigi Di Biagio.jpg
名前
ラテン文字 Luigi Di Biagio
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 1971年6月3日(43歳)
出身地 ローマ
身長 175cm
体重 74kg
選手情報
ポジション MF
利き足
代表歴
1998-2002 イタリアの旗 イタリア 31 (2)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ルイジ・ディ・ビアジョLuigi Di Biagio1971年6月3日- )は、イタリアローマ出身の元同国代表サッカー選手、サッカー指導者。ポジションはMF(守備的MF)。

イタリア代表としては1998年1月28日のスロバキア戦(カターニャ)で代表デビューを飾り、ワールドカップ・フランス大会EURO2000ワールドカップ・日韓大会を始め、国際Aマッチ31試合に出場し2得点を記録した。

引退後はアマチュアクラブのユースチームのコーチを務めた後、イタリアのユース代表監督を務めている。

エピソード[編集]

  • 1998年のワールドカップ・フランス大会では、豊富な運動量で攻守ともにチームに貢献したが、PK戦にまでもつれこんだ準々決勝の対フランス戦にて、5人目のキッカーとして登場したディ・ビアッジョはシュートをバーに当ててしまい、イタリアの敗退が決定した。泣き崩れるディ・ビアッジョに真っ先に駆け寄ったのは、4年前のアメリカ大会でやはりPKを外したロベルト・バッジョであり、「PKを外すことができるのは、PKを蹴る勇気を持った者だけだ」と声をかけたという。

選手経歴[編集]

指導経歴[編集]