バーミンガム・シティFC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バーミンガム・シティFC
原語表記 Birmingham City Football Club
愛称 Blues
クラブカラー
創設年 1875年
所属リーグ フットボールリーグ
所属ディビジョン チャンピオンシップ
ホームタウン バーミンガム
ホームスタジアム セント・アンドルーズ・スタジアム
収容人数 30,009
代表者 香港の旗 楊家誠
監督 イングランドの旗 リー・クラーク
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
サードカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

バーミンガム・シティ・フットボール・クラブBirmingham City Football Clubイギリス英語発音[ˈbəːmiŋəm ˈsiti ˈfutˌbɔːl klʌb] バーミンガム・スィティ・トゥボール・クブ)は、イギリスウェスト・ミッドランズ州バーミンガムに本拠地を置くサッカークラブ。同じバーミンガムを本拠地とするアストン・ヴィラFCとの対決はバーミンガム・ダービーとして盛り上がりを見せる。

歴史[編集]

セント・アンドルーズ・スタジアム

1875年、スモールヒース・アライアンス(Small Heath Alliance)として創設し、1945年に現在の呼称となる。タイトルはリーグカップを2回制したのみで、リーグ戦ではまだない。2002年、プレーオフの末プレミアリーグへの昇格を果たした。アストン・ヴィラFCとの対戦はバーミンガム・ダービーとして盛り上がりを見せるが、2005-06シーズンは18位に終わり、4シーズンぶりに降格した。しかし、2006-07シーズンは2位に入り、プレミアリーグ昇格を決めた。2007-08シーズンは19位で終え、翌シーズンはチャンピオンシップでプレミアリーグ復帰を目指すこととなった。そして、2008-09シーズンはチャンピオンシップで2位となり、1シーズンでプレミアリーグ復帰が決まった。2010-11シーズンには48年ぶりとなるフットボールリーグカップ優勝を果たしたが、カップ戦優勝以降成績が上向かず、2シーズンぶりに降格が決定した。

2007年7月17日、香港の実業家カーソン・ヨンが所有する投資会社グランドトップ・インターナショナル・ホールディングスがクラブ株式の29.9%を取得した[1]。2009年9月30日、クラブの株式の86%を取得し、実質的に経営権を握った[2]

なお、現在のユニホームサプライヤーは中華人民共和国のスポーツ用品メーカーXtep(特歩)である。

名称変更[編集]

  • 1875-1888 スモール・ヒース・アライアンスFC
  • 1888-1905 スモール・ヒースFC
  • 1905-1945 バーミンガムFC
  • 1945-現在 バーミンガム・シティFC

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

1962-63, 2010-11

国際タイトル[編集]

なし

過去の成績[編集]

  • 2000-01 5位(チャンピオンシップ)
  • 2001-02 5位(チャンピオンシップ)プレーオフを制し昇格
  • 2002-03 13位(FAプレミアリーグ)
  • 2003-04 10位(FAプレミアリーグ)
  • 2004-05 12位(FAプレミアリーグ)
  • 2005-06 18位(FAプレミアリーグ)降格
  • 2006-07 2位 (チャンピオンシップ)昇格
  • 2007-08 19位 (FAプレミアリーグ)降格
  • 2008-09 2位 (チャンピオンシップ)昇格
  • 2009-10 9位 (FAプレミアリーグ)
  • 2010-11 18位 (FAプレミアリーグ)降格
  • 2011-12 4位 (チャンピオンシップ) プレーオフで敗れて残留
  • 2012-13 12位 (チャンピオンシップ)
  • 2013-14 21位 (チャンピオンシップ)

現所属メンバー[編集]

フォーメーション[編集]

2013-2014シーズン 最終節対ボルトン・ワンダラーズ戦 フォーメーション

Soccer.Field Transparant.png

ランドルフ
# 1
スペクター
# 23
ムリンズ
# 38
ロビンソン
# 4
ライリー
# 17
アデイェミ
# 24
ヒューズ
# 15
ノヴァク
# 12
バーク
# 7
カディス
# 31
ジギッチ
# 19

現所属メンバー[編集]

2014年9月12日現在
No. Pos. 選手名
1 アイルランド共和国の旗 GK ダレン・ランドルフ
2 ウェールズの旗 DF ニール・アードリー
3 イングランドの旗 DF ジョナサン・グラウンズ
4 イングランドの旗 DF ポール・ロビンソン (Captain sports.svg)
5 アイルランド共和国の旗 DF ガヴィン・ガニング
6 カナダの旗 DF デイヴィッド・エドガー
7 イングランドの旗 MF マーク・ダフィー
8 アイルランド共和国の旗 MF スティーヴン・グリーソン
9 イングランドの旗 FW クレイトン・ドナルドソン
10 イングランドの旗 FW ウェスレー・トーマス
11 ウェールズの旗 MF デイビッド・コッテリル
12 イングランドの旗 FW リー・ノヴァク
14 アメリカ合衆国の旗 DF ウィル・パックウッド
15 イングランドの旗 DF グラント・ホール
No. Pos. 選手名
16 スコットランドの旗 GK デニー・ジョンストン
17 アイルランド共和国の旗 MF カラム・ライリー
18 イングランドの旗 DF ミッチ・ハンコックス
20 イングランドの旗 MF オリー・リー
21 アイルランド共和国の旗 GK コリン・ドイル
22 イングランドの旗 MF アンドリュー・シンニー
23 アメリカ合衆国の旗 DF ジョナサン・スペクター
25 イングランドの旗 FW マット・グリーン
26 イングランドの旗 MF デイヴィッド・デイヴィス
31 スコットランドの旗 DF ポール・カディス
33 イングランドの旗 MF デマレイ・グレイ
34 イングランドの旗 MF チャーリー・アダムズ
-- アメリカ合衆国の旗 MF ブレック・シェイ

ローン移籍選手[編集]

in
No. Pos. 選手名
15 イングランドの旗 DF グラント・ホール (トッテナム)
-- アメリカ合衆国の旗 MF ブレック・シェイ (ストーク)
out
No. Pos. 選手名
16 ガーナの旗 MF コビー・アーサー (チェルトナム)
29 イングランドの旗 MF リース・ブラウン (ノッツ)
No. Pos. 選手名
30 イングランドの旗 GK ニック・タウンゼンド (リンカーン)
32 イングランドの旗 DF アマリ・ベル (マンスフィールド)

歴代監督[編集]

歴代所属選手[編集]

GK
DF
MF
FW

脚注[編集]

  1. ^ BBC SPORT (2007年7月16日). “Yeung takes stake in Birmingham”. 2009年10月1日閲覧。
  2. ^ スポーツナビ (2009年9月30日). “香港の実業家がバーミンガムの株式を86%取得し、新オーナーに”. 2009年10月1日閲覧。

外部リンク[編集]

公式
ニュース
その他