リー・ボウヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リー・ボウヤー Football pictogram.svg
Lee Bowyer Arsenal vs Birmingham 2010-11.jpg
名前
本名 リー・デイヴィッド・ボウヤー
ラテン文字 Lee BOWYER
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
生年月日 1977年1月3日(37歳)
出身地 ロンドン
身長 179cm
体重 74kg
選手情報
ポジション MF(CMF、RSMF)
利き足 右足
代表歴2
1996-1998
2002
イングランドの旗 イングランド U-21
イングランドの旗 イングランド
13 (0)
1 (0)
2. 2011年4月15日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

リー・デイヴィッド・ボウヤーLee David Bowyer, 1977年1月3日 - )は、イングランド出身のサッカー選手。ポジションはMF(右サイドハーフ、センターハーフ)。

クロス精度が高く、得点力も高い。イングランド代表にも選出された事があるが、気性が荒いのが難点である。これまでに100枚を超えるイエローカードを受けている。

経歴[編集]

子どものころはウェストハムのファンだったが、チャールトンのアカデミーに入団した。1995年、マリファナに手を染めて有罪となった。1996年、10代としては史上最高額でリーズに移籍し、8月のダービー戦でデビューした。9月に目を負傷して療養していたが、深夜にロンドン市内のマクドナルドで乱闘騒ぎを起こして4000ポンドの罰金を食らった。1997-98シーズンはジョージ・グレアム監督に冷遇されたが、1998-99シーズンにデヴィッド・オレアリー監督が就任すると若手を中心としたチーム編成を進め、ボウヤーはこのシーズンのチーム・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーに輝いた。

2000年1月、ジョナサン・ウッドゲートと共にパキスタン人留学生を暴行したとして起訴される。裁判が始まり、イングランド代表からは落選した。2月、トッテナム・ホットスパーFC戦で相手選手の胸を蹴り、FAから代表戦出場停止処分を受けた。2000-01シーズンには、裁判と試合の両方に出るためにクラブがヘリコプターをチャーターしたこともあった。同シーズンには自身2度目のチーム・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーに輝いた。UEFAチャンピオンズリーグで準決勝に進出したチームの立役者となり、ハリー・キューウェルと共にクラブの看板を背負った。2001年12月、留学生暴行事件で無罪となる[1]が、クラブより罰金を受け、100時間のボランティアを言い渡された。罰金やボランティアを拒否したためにクラブ会長や監督との関係は悪化した。2002年6月にはリヴァプールFCとの契約直前までいったが話は流れた。ポルトガル戦で代表復帰した。2002年12月12日、マラガCF戦がリーズでの最終戦となったが、その試合で相手選手の頭を踏みUEFAから6試合の出場停止処分を受けた。2003年1月、ウェストハムに移籍した。

ニューカッスルに所属していた2005年4月2日アストン・ヴィラ戦でアストン・ヴィラが3点目となるPKを決めた後に「パスを回さない」との理由からチームメイトのキーロン・ダイアーと喧嘩となり、翌日の新聞に二人がクロスカウンターを打ち合っている写真が掲載。その後、クラブから英国史上最高額の約5000万円の罰金を言い渡された。

所属クラブ[編集]

→2009.1-2009.6 イングランドの旗 バーミンガム・シティFC (loan)

タイトル[編集]

クラブ
イングランドの旗 バーミンガム・シティFC

脚注[編集]

  1. ^ スポーツナビ (2005年7月27日). “フットボールを取り巻く先入観”. 2009年7月31日閲覧。

外部リンク[編集]