ラナ・デル・レイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Lana Del Rey
}
基本情報
出生名 Elizabeth Woolridge Grant
出生 1986年6月21日(28歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国, ニューヨーク州, ニューヨーク・シティ
ジャンル インディー・ポップ
バロック・ポップ
サッドコア
オルタナティブ・ヒップホップ
職業 シンガーソングライター, ファッション・モデル
活動期間 2008年 - 現在
レーベル Interscope, Polydor, Stranger
公式サイト lanadelrey.com

エリザベス・ウールリッジ・グラント (Elizabeth Woolridge Grant1986年6月21日 - ) は、ラナ・デル・レイ(Lana Del Rey)の芸名で知られるアメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク・シティ出身のシンガーソングライターである。

自らを「ギャングスタスタイルのナンシー・シナトラ」だと名乗っており、彼女がリリースする曲には全体的に悲しみを表現している物が多い。そのため、自身のジャンルは「サッドコア」だと公言している[1]。2012年1月30日には、メジャーデビューアルバム『Born to Die』がリリースされており、アメリカ合衆国イギリスを初めとした世界各国でアルバムチャート上位を獲得した。

人物[編集]

1986年6月2日にニューヨーク・シティで生まれ、レークプラシッドで育つ。15歳の時、コネティカット州の寄宿学校「ケント高校」に預けられた。この時の環境を「外側は整ってるけれど、内側は滅茶苦茶だった」と語っており、かなり辛い日々を送っていたことが後に明らかとなっている。高校卒業後、ニューヨーク州立大学に合格していたが入学せずにパートタイムのウェイトレスとして1年間勤務。その後、ニューヨーク州の名門フォーダム大学に入学し、哲学を専攻した。この頃から音楽活動を本格的に行うようになり、2011年6月にストレンジャー・レコードと契約。直後に、初のオフィシャルシングル「"Video Games"」をリリースすることとなった。

音楽的には、ニルヴァーナカート・コバーンからの影響が最も強く、MTVのインタビューにおいて「彼は、私が見た中で最も美しい人。その時は子供だったけど、彼が持つ悲しみに共鳴した。私にとって一番のインスピレーションであり続けている」と語っている[2]

ミュージックキャリア[編集]

2008年10月21日、初となる公式音源EP「Kill Kill」を、リリース。この時は現在のアーティスト名ではなく、リジー・グラント名義での発表となっている。

2010年1月4日、インディーズアルバム『Lana Del Ray A.K.A. Lizzy Grant』をリリース。

2011年6月にストレンジャー・レコードと契約。

2012年1月10日、EP「Lana Del Rey」をデジタル配信でリリース。全米ビルボード200にて、初登場20位を記録。

2012年1月30日、メジャーデビューアルバム『Born to Die』をリリース。世界各地のアルバムチャートで上位を獲得。特に、イギリスの全英アルバムチャートでは初週に11万枚以上を売り上げ、初登場1位を記録した[2]

2012年3月8日渋谷の「SHIBUYA DUO MUSIC EXCHANGE」で予定されていたプレミア・ショーケース・ライヴが、急きょ中止となった。開催者側は理由として「急激な世界的ヒットにより、アーティストへの需要がかつてないほど高いものになったため」だと発表している[2]

2012年5月28日渋谷の「SHIBUYA DUO MUSIC EXCHANGE」で予定されていたプレミア・ショーケース・ライヴが、急きょ中止となった。

ディスコグラフィ[編集]

メジャーアルバム[編集]

タイトル ノート 最高位 売り上げ
ベルギー アイルランド オランダ ドイツ イギリス アメリカ
[3]
ボーン・トゥ・ダイ
  • 2012年1月30日発売
  • 「Stranger, Interscope, Polydor」よりリリース。
3 1 2 1 1 2

イギリスの旗 イギリス:72万枚 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国:110万枚 世界の旗 世界:700万枚+

"—" はチャートに入らなかったことを表す。

その他[編集]

  • Lana Del Ray A.K.A. Lizzy Grant (インディーズアルバム)
  • Kill Kill (EP)
  • Lana Del Rey (EP)

脚注[編集]

  1. ^ “LANA DEL REY / ラナ・デル・レイ”. universal-music.co.jp (ユニバーサルミュージック). http://www.universal-music.co.jp/u-pop/artist/lana_del_rey/bio.html 2012年2月9日閲覧。 
  2. ^ a b c ラナ・デル・レイ:ニュース”. ユニバーサル・ミュージック・ジャパン. 2012年2月9日閲覧。
  3. ^ billboard200”. billboard.com. 2012年2月9日閲覧。

外部リンク[編集]