ナンシー・シナトラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナンシー・シナトラ
Nancy Sinatra
1967年当時}
1967年当時
基本情報
出生名 ナンシー・サンドラ ・シナトラ (Nancy Sandra Sinatra)
出生 1940年6月8日(74歳)
出身地 ジャージーシティー, ニュージャージー州, アメリカ合衆国
ジャンル ロック
ポップ
ジャズ
職業 歌手, 女優
担当楽器 ボーカル
活動期間 1961年 – 現在
共同作業者 フランク・シナトラ
リー・ヘイゼルウッド
フランク・シナトラ Jr.
公式サイト http://nancysinatra.com

{{{Influences}}}

ナンシー・サンドラ・シナトラ (Nancy Sandra Sinatra, 1940年6月8日、ニュージャージー州 ジャージーシティ 生まれ)は、アメリカ出身の歌手・女優。イタリア系アメリカ人。髪と瞳の色はブラウン。

エルヴィスやビートルズと並び称されたフランク・シナトラの娘で、60年代中期にアメリカで最も人気のあるアイドル歌手として活躍した。

代表作は、『にくい貴方 (原題:These Boots are Made For Walkin')』、『恋のひとこと (原題:Somethin' Stupid)』、『シュガー・タウンは恋の町 (原題:Sugar Town)』など。 日本でも多くの歌手が彼女の曲をカバーしている。

映画音楽では、『007は二度死ぬ』のテーマ曲『You Only Live Twice』、『キル・ビル』の挿入歌『Bang Bang』などがある。

家族[編集]

両親[編集]

  • フランク・シナトラ (Frank Sinatra) ナンシーの母は、彼の最初の妻。
  • 母 ナンシー・バルバト (Nancy Barbato) イタリア人。彼女の名をとってナンシーと名付けられた。

兄弟[編集]

[編集]

子供(後夫との子)[編集]

  • アンジェラ・ジェニファー・ランバート (Angela Jennifer Lambert) 名付け親はジェームス・ダレン (James Darren) の後妻。
  • アマンダ・ランバート

ディスコグラフィ(米国)[編集]

リプリーズ シングル(1961〜1965年)[編集]

  • "Cuff Links and a Tie Clip"/"Not Just Your Friend" (Issued in U.S. with picture sleeve)
  • "To Know Him Is to Love Him"/"Like I Do"
  • "June, July, and August"/"Think of Me"
  • "You Can Have Any Boy"/"Tonight You Belong to Me"
  • "I See the Moon"/"Put Your Head on My Shoulder"
  • "The Cruel War"/"One Way" (Note: "One Way" is the only song ever committed to vinyl that Sinatra wrote and performed)
  • "Thanks to You"/"Tammy"
  • "Where Do the Lonely Go?"/"Just Think About the Good Times"
  • "This Love of Mine"/"There Goes the Bride"
  • "True Love"/"The Answer to Everything"

リプリーズ シングル(1965〜1970年)[編集]

21枚のシングルがビルボードチャート100にランクイン

  • "So Long, Babe" (1965 - #86) /"If He'd Love Me"
  • "These Boots Are Made for Walkin'" (1966 - #1) /"The City Never Sleeps At Night"
  • "How Does That Grab You, Darlin'?" (1966 - #7) /"The Last of the Secret Agents"
  • "Friday's Child" (1966 - #36) /"Hutchinson Jail"
  • "In Our Time" (1966 - #46) /"Leave My Dog Alone"
  • "Sugar Town" (1966 - #5, pop; #1, adult contemporary) /"Summer Wine" with Lee Hazlewood (1967 - #49)
  • "Love Eyes" (1967 - #15, pop; #30, adult contemporary) /"Coastin'"
  • "Somethin' Stupid" with Frank Sinatra (1967 - #1 pop and adult contemporary) /(アメリカで発売されたバージョンの Frank Sinatra on U.S. single, b-side on the UK. single was "Call Me" by Nancy)
  • "Jackson" with Lee Hazlewood (1967 - #14, pop; #39, adult contemporary) / "You Only Live Twice" (1967 - #44, pop; #3, adult contemporary; re-recorded version of the James Bond film theme)
  • "Lightning's Girl" (1967 - #24) /"Until It's Time for You to Go" (Issued in U.S. with picture sleeve)
  • "Lady Bird" with Lee Hazlewood (1967 - #20) /"Sand" with Lee Hazlewood
  • "Tony Rome" (1967 - #83) /"This Town"
  • "Some Velvet Morning" with Lee Hazlewood (1968 - #26) /"Oh, Lonesome Me" with Lee Hazlewood
  • "100 Years" (1968 - #69, pop; #29, adult contemporary) /"See the Little Children"
  • "Happy" (1968 - #74, pop; #18, adult contemporary) /"Nice 'N' Easy"
  • "Good Time Girl" (1968 - #65) /"Old Devil Moon"
  • "Whatever Happened to Christmas?"/"I Wouldn't Trade Christmas" (both songs sung by the Sinatra family)
  • "God Knows I Love You" (1968 - #97, pop; #40, adult contemporary) /"Just Bein' Plain Old Me"
  • "Here We Go Again" (1969 - #98, pop; #19, adult contemporary) /"Memories"
  • "Drummer Man" (1969 - #98) /"Home"
  • "It's Such a Lonely Time of Year"/"Kids"
  • "I Love Them All (The Boys In the Band)"/"Home"
  • "Hello L.A., Bye Bye Birmingham"/"White Tattoo"
  • "How Are Things In California" (1970 - #17, Billboard Adult Contemporary Chart) /"I'm Not a Girl Anymore"
  • "Feelin' Kinda Sunday" with Frank Sinatra (1970 - #30, Billboard Adult Contemporary Chart)/"Kids"
  • "Hook & Ladder"/"Is Anybody Goin' to San Antone?" (Issued in U.S. with picture sleeve)
  • "Life's a Trippy Thing" with Frank Sinatra/b-side by Frank Sinatra
  • "Did You Ever?" with Lee Hazlewood/"Back On the Road" with Lee Hazlewood
  • "Glory Road"/"Is Anybody Goin' to San Antone?" (b-side was "Flowers In the Rain" in the UK)

RCA ビクター シングル[編集]

  • "Kind of a Woman"/"It's the Love (That Keeps It All Together)" (1972)
  • "Big Red Balloon" with Lee Hazlewood/"Down From Dover" with Lee Hazlewood (UK-only single, 1972)
  • "Sugar Me"/"Ain't No Sunshine" (1973)

プライベート・ストック シングル[編集]

  • "Annabell of Mobile"/"She Played the Piano and He Beat the Drums" (1975)
  • "Kinky Love"/"She Played the Piano and He Beat the Drums" (1976)
  • "Indian Summer" with Lee Hazlewood/"Dolly and Hawkeye" (1976)
  • "A Gentle Man Like You"/"It's For My Dad" (1977)

エレクトラ・レコード シングル[編集]

その他のシングル[編集]

  • Lil' Bit Of Gold (1988 - Rhino Records; NOTE: Four-song EP)
  • "Bone Dry/Now I Have Everything" (1995 - Cougar Records)
  • For My Dad (1998, DCC Compact Classics; NOTE: Three-song EP. One Nancy solo, two Frank/Nancy duets)
  • "Let Me Kiss You"/"Bossman" (2004 - Attack Records/Sanctuary)
  • "Burnin' Down the Spark"/"Two Shots of Happy, One Shot of Sad" (2004 - Attack Records/Sanctuary)
  • "Shot You Down" (2005) Audio Bullys feat. Nancy Sinatra
  • "Glory Road/Dolly and Hawkeye (Digital 45)" (2009 - Boots Enterprises; NOTE: Digital-only single of remastered songs originally from early 1970s)

U.S. アルバム[編集]

著名な海外アルバム[編集]

映画出演[編集]

  • 1964年 『踊れ! サーフィン』(原題:FOR THOSE WHO THINK YOUNG)
  • 1965年 『クレイジー・ジャンボリー』(原題:GET YOURSELF A COLLEGE GIRL)
  • 1966年 『結婚専科』(原題:MARRIAGE ON THE ROCKS)
  • 1967年 『オスカー』(原題:THE OSCAR)
  • 1968年 『スピードウェイ』(原題:SPEEDWAY)
  • 1969年 『爆笑スパイ大作戦』(原題:THE LAST OF THE SECRET AGENTS)
  • 1970年 『ワイルド・エンジェル』(原題:THE WILD ANGELS)

外部リンク[編集]