UEFAチャンピオンズリーグ 2004-05 決勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
UEFAチャンピオンズリーグ 2004-05 決勝
大会名 UEFAチャンピオンズリーグ 2004-05
PK戦にて3–2でリヴァプールの勝利
開催日 2005年5月25日
会場 アタテュルク・オリンピヤット・スタディ(イスタンブル)
最優秀選手 スティーブン・ジェラード (リヴァプール)
主審 マヌエル・メフト・ゴンサレス (スペイン)
観客数 70,024
2004
2006

UEFAチャンピオンズリーグ 2004-05は、2005年5月25日に行われた2004-05シーズンのUEFAチャンピオンズリーグの決勝。ACミランリヴァプールFCのカードで行われた。ミランが開始早々に先制し、前半だけで3点を奪ったが、後半リヴァプールが後半猛追して3点差を追いつくと、PK戦の末、逆転勝利を収めた。

概要[編集]

決勝戦は、共にがチームカラーのイングランドのリヴァプールとイタリアのミラン、そして開催国トルコの国のカラーも赤と、まさに赤一色に包まれたイスタンブルアタテュルク・オリンピヤット・スタディで行われた。

リヴァプールはこのシーズンのリーグ戦は低迷しており、長年チャンピオンズリーグでも結果を出せていなかった。このシーズンもグループステージから苦戦し最終節のホーム、オリンピアコス戦ロスタイムでのジェラードの劇的なミドルシュートで突破を決め、その後ユベントスチェルシーらの強豪を接戦で倒し苦しみながらも勝ち抜けてきた。対するミランは、マンチェスター・ユナイテッドインテルを相手に安定した勝ち方で勝ち上がってきており、スクデットこそ逃していたがこの日のために主力を温存し、2002-2003シーズンのチャンピオンズリーグを制した勢いを保っており、前評判はミラン有利と見られていた。

試合内容[編集]

PK戦の結果
先攻 後攻
Flag of Italy.svg ACミラン Flag of England.svg リヴァプールFC
セルジーニョ × 1 ハマン
ピルロ × 2 シセ
トマソン 3 × リーセ
カカ 4 スミチェル
シェフチェンコ × 5
2 3
ヂーダ GK デュデク

キックオフ直後にFKを得たミランは、アンドレア・ピルロのFKにキャプテン、パオロ・マルディーニがボレーで合わせて先制。

前半39分には、カカの突破からのパスを受けたシェフチェンコが折り返し、エルナン・クレスポがゴールを決め、リードを2点に広げた。そして前半43分、カカのスルーパスに反応したクレスポがキーパーとの1対1を逃さず決めて3点リード。このまま前半を終える。

後半、ミラン相手に3点ビハインドと追い込まれたリヴァプールの反撃が始まる。リヴァプールのラファエル・ベニテス監督は前半の時点で負傷していたスティーブ・フィナンに代えてディートマー・ハマンを投入し、リーグ戦ですら一度も採用した事がない3バックへとシステムを変更。すると54分、うまく攻め上がったヨン・アルネ・リーセのクロスをジェラードがヘッドで合わせて1点を返す。56分にはスミチェルがペナルティーエリア外より豪快なミドルシュートを決め、1点差に詰め寄った。さらに攻勢を強めるリヴァプールは、前半試合を支配していたミランの攻撃を分断し逆にパスを効果的に繋ぎ始める。そして60分、ミラン・バロシュがヒールで流したボールがジェラードに渡る。キーパーと1対1になりかけたジェラードがガットゥーゾに後ろから倒され、微妙な判定ではあるがPKを獲得。シャビ・アロンソのPKは一度はジーダの好セーブに阻まれるが、こぼれたボールを再びアロンソが詰めて叩き込み同点。後半わずか6分間で3点を決め、試合を振り出しに戻した。

同点となった後はお互いに決定機を窺い合う消耗戦の様相を呈したが、リバプールは3点のビハインドを追いつくために、各選手がボールに詰め寄るなど運動量を増やしたツケがまわり、次第に足が止まり始めミラン攻勢な展開へとなっていく。終了間際にはミランの至近距離からのシュートにDFジミ・トラオレの足が反応し、失点を阻止するという奇跡的なプレイもあった。90分では決着が付かず延長戦に突入。延長戦に入るとリバプールは疲労困憊の選手も現れ始め、交代枠を使い切った後にDFジェイミー・キャラガーの足が2度攣るが強行して出場し続けるなど満身創痍の中、ミランの猛攻が仕掛けられる。そんな中、GKイェルジ・デュデクがシェフチェンコの放った至近距離からのシュートを2連続で止める。そしてスコアは動かず30分間の延長戦が終わり、2002-2003シーズンのチャンピオンズリーグ決勝戦以来となるPK戦での決着にもつれ込んだ。

そしてPK戦、先攻のミランはセルジーニョが枠外に外す。続くピルロもデュデクに止められ追い込まれたミランだが、ジーダもリヴァプールの3人目、リーセを阻止。5人目までの勝負に持ち込むが、デュデクがミランの5人目・シェフチェンコの阻止に成功した。このPK戦の際、デュデクはクネクネとした怪しい動きを見せた。ちなみにこれはPK戦直前、キャラガーから「ブルース・グロベラーがローマでやった動きを思い出せ」とアドバイスした事がきっかけである。なお、グロベラーは83-84シーズン決勝で、PKの際、クネクネした動きでシュートを2本防いでいる。(正確に言えば「外させた」)

その後[編集]

  • この試合の結果、チャンピオンズカップを含め21年ぶりの栄光に輝いたリヴァプールは、シーズンをイタリア・スーパーカップ一冠のみで終えたミランに対し、通算5度目のビッグイヤーを手にし、ビッグイヤーを永久保持する権利を獲得。第2回FIFAクラブ世界選手権の出場権も手にした。
  • また、リヴァプールはこのシーズンをリーグ5位で終え、次回のチャンピオンズリーグ出場権を逃したが、タイトル防衛の機会を与えるべきだとして、特別に前年度優勝チームとして2005-2006シーズンのチャンピオンズリーグ出場権が与えられた。そして2006-2007シーズンからは前年度優勝枠が設けられ、前年度優勝チームは予選免除されることになった。
  • この試合で活躍したリヴァプールのキャプテン、ジェラードは再評価され、移籍論争に終止符を打った。ジェラード自身、この試合によって、既に交渉に入っていたチェルシーへの移籍を中止したと語っている。
  • イギリスブレア首相は「英国民のすべてが君たちを誇りに思っている」とする声明を発表した。
  • それからわずか2年後のUEFAチャンピオンズリーグ 2006-07の決勝戦で両者は再びまみえることになる。

関連項目[編集]